マイルって現金にできることご存知ですか?

ANAマイルでもJALマイルでも現金にできますよ。

 

今回、ANA国際特典航空券で海外に行きましたが、そのサーチャージ・サービス代金の支払いのためにANAマイルを現金化しました。

 

スポンサーリンク

国際特典航空券での諸経費の支払い

国際特典航空券を利用しますと、搭乗券費用をマイルで支払えます。

とても高額なファーストクラスやビジネスクラスでもマイルさえ貯まっていて、空席があれば発券できます。

 

国際線の諸経費は現金支払い

国際線は、搭乗券以外にも燃料代や旅客サービス料などの費用がかかります。

それらの費用の支払いはマイルではできません

また、スカイコインでもできません

クレジットカードなど現金での支払いとなります。

 

今回、セントレアからバンコク往復をANAの特典航空券で発券しましたが、そのときの諸費用の往復での合計は、16,050円でした。

 

ほんと、搭乗券以外の費用が馬鹿になりませんね。

1万6千円もあれば国内線で那覇まで行けそうです。

 

羽田から那覇の片道で調べてみますと、

エコノミークラスですが、スーパーバリュー75でしたら、初日から沖縄を満喫できる朝便が、16,810円です。

沖縄初日は国際通りを見て周り、夕食済ませて那覇市内のホテルへということでしたら、午後便でも可能で、14,010円です。

 

セントレアから那覇なら、朝便でも午後便でも、1万6千円もあれば搭乗券だけでなく夕食代も賄えそうですよ。

 

ANA VISAワイドゴールドカードで支払い

この馬鹿にならない金額を、ANA VISAワイドゴールドカードで支払いました。

国際特典航空券を手配したのが6月22日です。

まだ、搭乗もしていない6月22日に、速攻でVpassの利用履歴に記載されましたよ。

 

スポンサーリンク

ANAマイル現金化

諸費用16,050円をクレカ支払いとしました。

その費用を、ANAマイルから作ります。

 

交換ルートと期間

ANAマイルを現金化する交換ルートは以下です。

 

ANAマイルをJRキューポポイントに交換します。

交換率は年間20,000マイルまで100%です。

年間30,000マイルからは50%です。

交換期間はだいたい3~4日程度です。

 

その次に、JRキューポポイントをGポイントに交換します。

交換率は100%です。

交換期間はだいたい1週間程度です。

 

最後に、Gポイントを現金(銀行口座振込)にします。

交換率としては100%ですが、交換手数料として10%が取られますので、交換率は90%です。

ただ、Gポイントでは、手数料還元サービスがあり、5%が戻りますので実質95%になります。

対象サービスには様々なものがありますが、僕は楽天市場で買い物をしています。

半年に1度だけ、Gポイント経由で楽天市場で買い物を行うだけです。

ポイント還元サービスです。
5%分はGポイントとして戻ります。
95%で銀行口座に振込みされるわけではありません。

 

Gポイントから交換先の銀行口座は多数あります。

僕は住信SBIネット銀行を利用していますが、楽天銀行でも、ゆうちょ銀行で、メガバンクの三菱UFJ銀行でも交換可能です。

交換期間はだいたい1週間程度です。

 

まとめますと下の通りです。

20,000マイルを交換
20,000マイル ⇒ 交換率90% ⇒ 18,000円(ポイント還元サービス適用で1,000ポイントバック)

実際今回は下の期間でした。

ANAマイル6/19申請 ⇒ JRキューポポイント6/21積算
JRキューポポイント6/22申請 ⇒ Gポイント6/25積算
Gポイント6/25申請 ⇒ 銀行口座6/26振込

 

準備

ANAマイルを現金化するためには、銀行口座が必要ですが、それ以外に以下の準備が必要です。

JR九州WEB会員登録
JQ SUGOCA ANAカード
Gポイント会員登録

 

JR九州WEB会員登録

ANAマイルを、始めにJRキューポポイントに交換します。

JRキューポポイントは、JR九州のポイントサービスです。

なので、JRキューポポイントを利用するには、JR九州のWEB会員に登録する必要があります。

 

WEB会員登録も年会費も無料です。

 

登録はこちらからどうぞ。

 

JQ SUGOCA ANAカード

 

JQ SUGOCA ANAカードは、JR九州とANAが提携発行するクレジットカードです。

国際ブランドはJCBです。

 

年会費は初年度無料2年目以降は1,250円+消費税カード支払い利用が1回でもあれば無料)です。

 

尚、JALマイルもJRキューポポイントからGポイント経由で現金化できますが、JQ SUGOCA ANAカードでなく、JMB JQ SUGOCAカードが必要です。

 

JQ SUGOCA ANAカード
JR九州とANAが提携発行するクレジットカード
国際ブランドはJCB
年会費は初年度無料、2年目以降は1,250円+消費税(カード支払い利用が1回でもあれば無料)
ANAマイル現金化用(JALマイル現金化は別カード)

 

JQ SUGOCA ANAカードの申し込みは下のバナーからどうぞ。

 

尚、ANA VISAカードやソラチカカードのような次年度継続ボーナスマイルはありません。

 

Gポイント会員登録

Gポイントはポイントサイトです。

Gポイントの会員登録も年会費も無料です。

 

陸マイラーの方でしたら、新ソラチカルートの経由ポイントサイトとして、既に会員登録済みと思われます。

もしまだ登録されてませんのでしたら、下のバナーからお申し込みください。

Gポイント

 

スポンサーリンク

現金化手順

準備ができましたら、実際の現金化手順についてご説明します。

 

ANAマイルからJRキューポポイント

ANAウェブサイトにログインします。

 

『ANAマイレージクラブ』タブをクリックし、マイル欄の『使う』をクリックします。

 

マイルの使い先が多数表示されます。

画面を下にスクロールし、『提携ポイントへの交換』をクリックします。

 

提携ポイントへの交換ページが表示されます。

 

画面を下にスクロールし、『JRキューポ』をクリックします。

 

JRキューポへの交換ページが表示されます。

交換対象となる方は、JQ SUGOCA ANAカードを持っている必要がありますが、既にカードの準備は済んでいますよね。

 

画面を下にスクロールしますと、交換に際しての注意事項が記載されています。

特に重要な点は、一番上の朱書き部分です。

・同一年度内(4月1日~翌年3月31日)の提携ポイント交換累計が30,000マイル(3口)以降の場合、10,000マイル=JRキューポ5,000ポイントへの交換になります。

 

この朱書き部についてさらにポイントを示しますと、

・年間の区切りが、4月1日~翌年3月31日
・交換単位は10,000マイルで1口
・2口(つまり20,000マイル)までなら交換率100%で、JRキューポポイントへ交換

1年間の累積3口(つまり30,000ポイント)目からは、交換率が50%に半減しますので、1年間の交換マイル数は20,000マイルが実際のリミットと思っていいでしょう。

 

もう1点は、「申し込み後は、取り消しならびにお戻しはできません」という所です。

 

『JRキューポに交換する』ボタンをクリックしますと、ANA会員専用機能へのログインを促されます。

パスワードを入力し、ログインします。

 

『インターネットで交換を申し込む』ボタンをクリックします。

 

申し込みしようとしましたら、下の画像のように、ログインカードが違うと怒られました。

僕は、通常ANA VISAワイドゴールドカードでのお客様番号とパスワードでログインしています。

JQ SUGOCA ANAカードではログインしていません。

なので怒られました。

JQ SUGOCA ANAカードを持っていますので、JQ SUGOCA ANAカードのお客様番号を入力し、『次へ』ボタンをクリックします。

 

JQ会員番号入力ページが表示されます。

既にJR九州Web会員に登録済みですので、JQ会員番号を取得済みです。

そのJQ会員番号を入力し、『次へ』ボタンをクリックします。

 

申し込み内容の確認ページが表示されます。

初めてJQポイントに交換する場合、上の画像のように、交換マイル数・ポイント数が、「10,000マイル=10,000JRキューポ」と表示されます。

通常交換単位での交換済みマイル数(20,000マイル以内の交換)が、「0マイル」と表示されています。

 

20,000マイル交換していますと、下の画像のように、「10,000マイル=5,000JRキューポ」と表示されます。

もし、この10,000マイル=5,000JRキューポと表示されましたら、余りにもマイル価値が低くなりますので、現金化は諦めたほうがいいと思います。

 

10,000マイル=10,000JRキューポと表示されていることを確認しましたら、『以上の内容で確認した』のチェックボックスにチェックを入れます。

チェックを入れますと、『以上の内容で申し込む』ボタンがクリックできます。

 

交換の受付完了ページが表示されます。

1度の交換申し込みは、10,000マイル(1口)です。

20,000マイルを交換するには、もう一度同じ手順を行います。

 

以上で、ANAの20,000マイルをJRキューポ20,000ポイントへの交換の申し込みは完了です。

すぐに申し込み受付メールが届きます。(同じ内容で2通)

 

また、ANAマイレージクラブのポイント履歴ページに記載されます。

 

JRキューポポイントからGポイント

ANAマイルからJRキューポへは3~4日程度で交換されます。

JRキューポに20,000ポイントが積算されましたら、次はGポイントに交換します。

 

まずは、JRキューポのマイページでポイントを確認します。

 

JR九州のウェブサイトにアクセスします。

『JR九州Web会員ログイン』をクリックします。

 

ページが替わり、ログインウインドウに、JR九州Web会員IDとパスワードを入力しログインします。

 

ログインしましたら、『ポイントサービス』タブをクリックし、『マイページ』をクリックします。

 

マイページ画面で現在のポイント数が確認できます。

マイページ画面を下にスクロールしますと、ポイント履歴なども確認できます。

 

20,000ポイントが積算されていましたら、『提携ポイントに交換』ボタンをクリックします。

 

提携ポイントに交換ページが表示されます。

 

『Gポイントに交換する』をチェックします。

画面を下にスクロールし、『ポイント交換申込み』ボタンをクリックします。

 

交換するポイント数を入力し、『次へ』ボタンをクリックします。

 

 

Gポイントの情報を登録します。

 

ポイント交換しますと、その結果がメールで連絡されます。

その連絡先とするメールアドレスを入力します。

『次へ』ボタンをクリックしますと、内容確認ページが表示されます。

上の画像では、事前に2,000ポイントが有りましたので、今回のANAマイル⇒JRキューポの20,000ポイントとの合計22,000ポイントを交換しました。

 

『交換申込み』ボタンをクリックしますと、申込み完了ページになります。

 

すぐに交換受付けメールが届きます。

 

Gポイントから銀行口座

Gポイントへは約1週間でポイント積算されます。

 

ポイントが積算されましたら、最後の銀行口座への振込みです。

 

まずは、Gポイントにログインします。

 

『ポイント交換』メニューをクリックします。

 

『全国金融機関』をクリックします。

 

銀行・投資のポイント交換パートナーが表示されますので、ご自分がご利用されている銀行を選びます。

今回は、「住信SBIネット銀行」でご説明します。

『交換する』ボタンをクリックします。

 

住信SBIネット銀行へのポイント交換レートが表示されます。

交換レートとしては、500Gポイント=500円ですので100%ですね。

でも、交換手数料が10%かかります。

ですので、交換率としては90%になります。

 

但し、手数料還元サービスを利用すれば、5%分がGポイントとして戻ります。

このサービスが利用できれば、実質の交換率は95%と言えますね。

 

ポイントは、最小500ポイントから最大30,000ポイントです。

交換単位は100ポイントです。

『交換する』ボタンをクリックしますと、Gポイントの認証手続きとなります。

 

電話番号での認証も行います。

ご登録の電話番号欄の電話から、認証電話番号050-3196-2125に電話します。

 

数秒で、下の画面が表示されます。

口座内容を確認し、よろしければ『確定する』ボタンをクリックします。

 

交換ポイント数を入力する画面になります。

上の画像では、現在のポイント残高が27,356ポイントです。

交換手数料10%が必要です。

つまり、10%分のポイントが残せる最大交換数は、24,800ポイントです。

 

今回は、最大ポイント数を交換します。

交換Gポイント数の入力欄に「24800」と入力します。

画面を下にスクロールし、『交換する』ボタンをクリックします。

 

最終確認画面になります。

交換ポイント数としては、27280ポイントになりました。

 

上の画像では、手数料還元サービス対象外です。

4ヵ月後の月末までに、対象サービスのポイントを獲得すれば、5%分のポイントが戻ります。

まぁ、いつもの楽天市場で何か買い物しますよ。

 

交換申請が完了しますと、交換受付メールが届きます。

 

交換申請が完了しましたので、マイページのポイント交換履歴を見てみます。

 

住信SBIネット銀行の口座履歴を最後に見てみます。

 

6月25日(火)に交換申請し、翌日の6月26日付けで口座の振込み履歴に記載されています。

 

6月19日(水)にANAマイレージクラブよりJRキューポへポイント交換申請してから、その1週間後に住信SBIネット銀行の口座に振り込まれました。

 

まとめ

陸マイラーを続けていますと、大量のマイルが貯まります。

そのマイルで、タイ・バンコクまでの国際線特典航空券で、ビジネスクラスの搭乗券を手配しました。

 

マイル価値は、1マイル≒8円でした。

 

国際線では、搭乗券以外に燃料代やサービス代などの諸費用が必要です。

今回のセントレアからバンコク往復での諸費用は、16,050円でした。

この諸費用はマイルやスカイコインでは支払えません。

諸費用は、クレジットカードなどでの有料支払いとなります。

 

今回のタイ・バンコクの旅は、出来る限り現金の持ち出しを減らすことをテーマにしました。

往復の搭乗券は特典航空券で手配し、ホテルはマリオットのポイントを利用しました。

現地での移動や食事のみの持ち出しでバンコクを楽しみます。

 

なので、マイル価値から言って非常に価値が低くなりますが、マイルを現金化して国際線の諸経費に充ててみました。

マイルの現金化では、1マイル=0.9円です。

 

搭乗券では1マイル≒8円でしたので、マイル現金化の1マイル=0.9円は全然駄目ですね。

今回のように、できるだけマイルで支払うということでなければ、マイルの現金化は勿体無いです。

 

でも、陸マイラー活動で大量のマイルを貯められたのなら、このように国際線の諸費用にもマイルが利用できますよ。