マイルって何?っていう超初心者の方に、マイルの貯め方をできる限り具体的にご紹介するブログです。

新ソラチカルートで必要となるワールドプレゼントについてご説明します。

 

新ソラチカルートって何?という方は、こちらの記事で説明していますのでご覧ください。

 

ポイントサイトで貯めたポイントは、一部のポイントサイトを除いて、ワールドプレゼントポイントに交換する必要があります。

さらに、ワールドプレゼントポイントを、「Gポイント」⇒「LINEポイント」⇒「東京メトロポイント」と交換していき、最後にANAマイルとなります。

 

スポンサーリンク

ワールドプレゼントとは

いきなりの結論です(笑)。

ワールドプレゼントとは、三井住友カードのポイントプログラムです。

基本は、三井住友カードの利用金額に応じて貰えるポイントを貯めて、貯めたポイントで景品を購入したり他社のポイントに交換したりします。

カード利用金額1,000円で1ポイントが付与されます。

 

スポンサーリンク

新ソラチカルートでのワールドプレゼントポイント

カード利用1,000円でワールドプレゼントが1ポイントです。

他のクレジットカードですと、100円で1ポイントとかですよね。

なんか、ワールドプレゼントって全然貯まらないポイントプログラムって思いますよね。

でも、ポイント単価が大変高額なんですよ。

それを新ソラチカルートでご説明します。

注目はポイント単価です。

『ハピタス』で10,000ポイント貯めたとします。ハピタスのポイント単価は1円です。

『PeX』のポイント単価は0.1円なので、100,000ポイントになります。

『ワールドプレゼント』のポイント単価は5円です。なので、2,000ポイントになります。

『Gポイント』のポイント単価は1円ですので、10,000ポイントになります。

『LINEポイント』のポイント単価は1円ですので、10,000ポイントのままです。

『東京メトロ』のポイント単価は1円ですが、交換率が90%ですので、9,000ポイントに減ります。

『ANA』の交換率は90%ですので、8,100マイルになります。

※『Gポイント』から『LINEポイント』の交換時に5%手数料が取られますが、後で返却条件をクリアすると返却されますので、ここでは無視しました。

 

スポンサーリンク

三井住友カードとは

三井住友カードは、正しくは「三井住友カード株式会社」です。

カードと呼びますので、クレジットカード名と思われるかもしれません。

その点は、半分正しいですね。

 

「三井住友カード株式会社」発行のクレジットカードを総称して、「三井住友カード」と呼びます。

 

三井住友カード株式会社は、株式会社 三井住友ファイナンシャルグループのグループ会社の一つです。

三井住友銀行もグループ会社の一つです。

 

繰り返しですが、ワールドプレゼントとは、三井住友カードのポイントプログラムです。

ですから、ワールドプレゼントを利用するには、三井住友カードを所有する必要があります

 

三井住友カードの種類

三井住友カード株式会社が発行するプロパーカードと、ANAやヒルトンなどとの提携カードがあります。

 

三井住友カードのプロパーカード

17種類のカードが現在発行されています。

たくさんありますね。

あなたは上の画像で何に気がつきましたか?

 

クレジットカードをについて少しでも知見のある方でしたら、三井住友カードは、ほとんど『VISA』なんだとお気づきですね。

そうなんです。テレビコマーシャルで見られたこともあると思いますが、『三井住友VISAカード!』って、「VISA」と付きますね。

上の図でも判るとおり、銀聯カードが1枚、ローンカードが1枚、それ以外の15枚はVISAカードです。

三井住友カードは、基本VISAです。

 

※ 銀聯(ぎんれん)カードとは、中国の企業である「中国銀聯」が国際ブランドのクレジットカードです。

 

クレジットカードの国際ブランド
クレジットカードの国際ブランドには、代表的なブランドが7つあります。
 1:VISA
 2:Mastercard
 3:JCB
 4:American Express
 5:Diners Club
 6:銀聯(ぎんれん)
 7:ディスカバー

少し前までは5大ブランドでした。最近は中国の爆買いの影響で中国銀聯(ユニオンペイ)の銀聯ブランドが国際ブランドして認知されています。

国際ブランドはほとんどアメリカ企業です。日本のJCBが国際ブランドなのは誇らしいですね。

ディスカバーブランドのカードは日本では発行されていません。

 

三井住友カードの提携カード

2018年10月現在、なんと201種類の提携カードがあります。

ANAなど航空会社との提携カードが15種類。

上の一覧の「カードの種類」に複数のマークが付いたカードがありますね。

最初の『ANAカード』には、「一般」「ゴールド」「ワイド」「学生専用」と4つのマークが付いています。

これ、どういうことかご説明します。

 

『ANAカード』は一般カードの『ANAカード』が基本です。

一般カード以外に、『ANA VISA プラチナプレミアムカード』、『ANAワイドカード』、『ANAワイドゴールドカード』、『ANA学生カード』があります。

『ANA一般カード』、『ANAワイドカード』、『ANAワイドゴールドカード』、『ANA学生カード』には国際ブランドとしてVISAとMastercardがあります。ただし、基本的にはVISAと考えて結構です。

 

航空会社以外としましては、電車・バス会社との提携カードが15種類、旅行会社との提携カードが7種類、ホテルとの提携カードが11種類、ショッピング関係が32種類、デパート関係が10種類です。

それぞれに、一般カードやゴールドカードと種類が増え、トータル201種類になります。

 

それでは、どのカードを所有するのが良いのでしょうか?

 

陸マイラーお奨めの三井住友カード

あなたは、メインとして利用されているクレジットカードはありますか?

・電気・ガス・水道・携帯料金の支払い用

・日常のお買い物用

既にメインとされているカードがあり、そのカードで貯まったポイントを、例えば電気料金の支払いの一部に利用されている方が大半と思います。

そのような、クレジットカードのお支払いで貯まったポイントを、ANAマイル以外の目的にされている方は、支払い金額に対するポイント価値を比較して、どの目的にするのが最も良いかを考え直す必要があります。

10,000円の支払いで貯まるポイントが携帯料金の100円に補填できるのが最良なのか、ANAの100マイルにするのが最良なのか?

その場合、ANA100マイルの価値は金額に置き換えるといくらに相当するのか?

これは、ANAをどれくらい・どう利用するのかにより価値が変わります。

この点は、非常に考えることが多数で複雑です。

 

なので、今はワールドプレゼントを利用するために絞って考えてみます。

検討する条件は、

年会費が永年無料。

となります。

年会費が初年度無料というカードはたくさんありますが、永年無料というカードは限られます。

学生用や25歳まで限定という利用者限定カードを除きますと、お奨めは、エブリプラス

エブリプラスの基本情報には、なんか良いことがたくさん記載されていますが、要所は年会費が永年無料な点です。

そして、リボ払い専用のクレジットカードという点です。

 

陸マイラーの目指すことは、飛行機以外で多数のポイントを貯め、それをANAマイル化することです。

エブリプラスは年会費が永年無料なのに、リボ払い手数料を発生させた請求月には、1,000円につきワールドプレゼントが3ポイントも付与されます。

ワールドプレゼントポイントをANAマイルに交換する場合、ANAカードと、ANAカード以外では還元率が違います。

カード種類1ポイントでのマイル数マイル還元率
ANA一般カード
(5マイルコース)
5マイル0.5%
ANA一般カード
(10マイルコース:有料)
ANAゴールドカード
10マイル1.0%
ANAプラチナプレミアカード15マイル1.5%
ANAカード以外の三井住友VISAカード3マイル0.3%
エブリプラス(リボ払い時)3マイル0.9%

エブリプラスは、小額のリボ払い手数料を発生させるという少々手間のかかることを行うことで、永年無料のカードにもかかわらずANAゴールドカードに近いマイル還元率となります。

リボ払いの方法については、三井住友VISAカードを所有し、ワールドプレゼントを利用できることが目的ですので、今は割愛します。

 

スポンサーリンク

エブリプラスカードの申請

クレジットカードを申請する場合、直接カード発行会社へ申請しますと実は損する場合があります。

ネットやテレビなどでは、入会キャンペーンなど新規入会特典を目にすることがありますが、ポイントサイトを経由することで、カード会社の入会キャンペーン特典と、ポイントサイトのポイントの2重取りができます。

ですから、『どこ得』で、どのポイントサイトが最もポイントが高いかを調べてください。

そして、そのポイントサイトを経由してカード会社の入会申請ページから入会申請してください。

 

現在は扱っているポイントサイト無し

2018年11月現在、残念ですが、エブリプラスを扱っているポイントサイトが見つかりません。

いつポイントサイトの取り扱いが再開するか判りません。

それを気長に待つよりは、カード会社の入会キャンペーン中に直接申請するものありですよ。

今なら、2019年3月29日まで、最大4,000円のキャッシュバック中です。

 

まとめ

新ソラチカルートを利用するには、三井住友VISAカードを所有し、ワールドプレゼントを利用できる必要があります。

年会費永年無料の『エブリプラス』はお奨めです。