マイルって何?っていう超初心者の方に、マイルの貯め方をできる限り具体的にご紹介するブログです。

 

新ソラチカルートで必要となるワールドプレゼントについては下の記事でご説明しました。

 

ワールドプレゼントを利用するためには三井住友VISAカードを所有する必要があります。

そして、毎月のカード利用状況や、来月の支払い金額の確認、さらには、ワールドプレゼントポイントの利用などを、インターネット上で確認・利用できるサービスがあります。

そのサービスを『Vpass(ブイパス)』と言います。

このVpassが使えませんと、毎月の利用状況の確認なども上手く出来なくなります。

ですので、三井住友VISAカードを利用する方には必須のサービスと言えます。

 

今回の記事では、Vpassの登録方法やワールドプレゼントポイントの使い方をご説明します。

 

尚、判りやすいのでパソコン画面でのご説明となります。

スマホ画面でも可能ですが、画面が見づらい、入力し難いなど、初めての方には向いていません。

できるだけ、慣れるまではパソコン画面で行いましょう。

 

スポンサーリンク

Vpassとは

三井住友カードの公式画面では、次のように紹介しています。

Vpassは三井住友VISAカード会員、三井住友Mastercard会員の方のためのインターネットサービスです。月々の利用明細のご確認や、ポイント残高のご確認・景品交換、カード情報の照会・各種お申し込みの受付などが無料でご利用いただけます。

つまり、三井住友カードをお持ちの方は、Vpassでほとんど全ての確認・申請が可能で、電話・郵送の手間を省くことができます。

(一部の手続きは郵送が必要です)

 

もう少し判りやすく言いますと、

Vpassは、クレジットカードの登録内容や利用状況を、従来の紙ではなく、WEB画面で表示・操作するサービス

となります。

つまり、1枚のクレジットカードについてのサービスです。

 

三井住友カードを複数枚お持ちでしたら、それぞれのカード毎に、今月のご利用代金はいくらとか、来月の支払い金額はいくらとか、ポイントは何ポイント貯まったとかを確認します。

ですので、もし複数枚お持ちでしたら、カード毎にVpassに登録します。

その場合、「おまとめログインサービス」を利用すればまとめて表示することも可能です。

 

Vpass画面にログインしますと、画面の左にメニュー(下の画像の赤枠部分)が並びますので、そこから目的の操作を行います。

ワールドプレゼントポイントを交換するのも、このメニューの『ポイントを確認・交換する』から行います。

 

スポンサーリンク

Vpassの申込み

では、Vpassのお申し込み手順についてご説明します。

 

Vpass登録画面

下のリンクをクリックしますと、三井住友カード公式のVpass登録画面が表示されます。

 

この画面では、Vpass登録と合わせて、カードご利用代金をWEB明細書で確認するサービスの登録も行います。

 

カードご利用代金WEB明細書サービス

『WEB明細書』とは、紙の明細でなく、Vpass画面上で確認する方法のことです。

WEB明細書サービスには、上の画像に記載の3つのメリットがあります。

『エブリプラス』などカード年会費が無料ですと①は関係ありませんが、②は何気に安心ですね。③は環境配慮です。

 

このサービスに登録しますと、郵送での明細書は届きません。

ですので、ご利用代金の引き落とし日と、代金などの確認を忘れないようご注意ください。

でも、これからVpassを利用していくので、全然心配する必要はありませんよ。

 

紙として残されたい方は、Vpass画面から印刷もできます。

 

また、最初に登録しても、後でVpass画面で変更(登録解除)もできますのでご安心ください。

 

カードご利用代金WEB明細書サービスがなんとなくご理解いただけたでしょうか。

 

それでは、Vpass登録に戻ります。

「お申し込みはこちら」ボタンをクリックします。

 

個人・法人選択画面

個人会員ですので左側のボタンをクリックします。

規約画面

ここでは、Vpassのみの登録か、カードご利用代金WEB明細書サービスも同時に登録するかが選択できます。

同時登録を選択してください。

VpassID規約をご確認され、『同意する』をクリックします。

 

カードお届け内容入力画面

Vpass登録するには、三井住友VISAカードまたは三井住友Masterカードが必要です。

そのカード情報を画面に従い入力していきます。

写真付きで説明されていますので判りやすく親切ですね。

電話番号は携帯電話でもOKです。

 

Vpass登録情報画面

画面を下にスクロールしますと、Vpassに登録する情報を入力する画面が現れます。

IDは、Vpassにログインするときに必要となります。

半角英数字と記号「-」と「_」のみが使えます。

例:taro-ana380

パスワードは忘れないようにメモを残しましょう。

ハンドルネームは適当でかまいません。

僕は名前をひらがなで入力しました。

例:たろう

入力を再度確認して、よければ『次へ進む』ボタンをクリックします。

(後で修正できますし、途中で再確認の画面も出てきます)

支払い口座番号入力画面

つぎは、Vpassに登録するクレジットカードの支払い口座番号を入力します。

画面でも注意書きしていますが、カード番号ではありません。

支払い口座番号です。

その口座番号の下4桁を入力します。

クレジットカードを申し込みますと、支払い口座を必ず登録します。その支払い口座の口座番号の下4桁です。

入力しましたら、『次へ進む』ボタンをクリックします。

この後、すでにVpass登録しているカードがあれば、「おまとめログインサービス」設定画面に変わります。

今回は最初のVpass登録ですので、おまとめログインサービスは関係ありません。

 

登録内容確認

一通りの情報の入力が終わりましたら、確認画面が表示されます。

画面を下へスクロールさせながら、全ての項目に入力間違いが無いか、入力漏れが無いかを確認します。

よろしければ『決定』ボタンをクリックします。

修正する場合は『戻る』ボタンをクリックします。

 

登録完了画面が表示され、これでVpass登録完了です。

 

スポンサーリンク

Vpassにログイン

登録が完了しましたら、ログインしてみましょう。

 

お気に入り(ブックマーク)に登録

このログイン画面はこれから良く使いますので、お気に入り(ブックマーク)に登録しましょう。

Google Chromeの場合を紹介します。

Google Chromeでは、ブックマークバーに登録することで簡単にそのページを表示できます。

<ブックマーク登録手順>

① Vpassログイン画面を表示します。

② URL表示窓の右横の『☆』をクリックします。

③ ブックマーク編集のドロップダウン窓が表示されます。

④ ブックマークに表示する名前とフォルダを選択します。

ここは、上の画面の通りでOKです。

⑤ 『完了』ボタンをクリックします。

⑥ ブックマークバーに『Vpass ログイン』という表示が追加されます。

 

今後は、この『Vpass ログイン』をクリックするだけでログイン画面が表示されます。

 

お使いのWEBブラウザ(「Internet Explorer(IE)」「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Safari」「Firefox」「Opera」など)に従ってお気に入り設定ください。

 

ログイン

ではログインします。

ログイン画面の左側に、VpassIDとパスワードを入力する窓があります。

それぞれ大文字・小文字など正確に入力してください。

パズルのところは、悪意ある他人からの防犯機能です。

IDとパスワードを、機械的な総あたり入力の攻撃から守るものです。

画像内に一部抜けている箇所がありますね。

そして画像の外に、丁度はまる画像部分がありますね。

それを左クリックしたまま、画像の抜けている箇所に持っていってクリックを外します。

ぴったり合えばOKです。

『ログイン』ボタンをクリックしてください。

 

ログインしますと、先頭ページが表示されます。

ここから、どのような操作をするか選びます。

 

ログアウトするときは、『ログアウト』ボタンをクリックします。

 

ご利用明細の確認

毎月のご利用代金の確認は、先頭ページの左側メニューの『ご利用明細を確認する』ボタンをクリックします。

そうしますと、直近の明細が表示されます。

・お支払い日付

・お支払い金額合計

・支払い金融機関と口座

が確認できます。

 

1ヶ月後の予定明細も確認できます。

『お支払い月」窓で表示する月を選択し、『照合』ボタンをクリックします。

1ヵ月後はこの場合2019年1月ですので、そこを選択します。

選択しましたら『照会』ボタンをクリックします。

 

ワールドプレゼントポイント

ワールドプレゼントポイントの残高の確認や交換についてご説明します。

 

残高の確認

左側メニューの『ポイントを確認・交換する』をクリックします。

現時点のポイント残高が表示されます。

 

ポイントは2種類です。

[1] 獲得・調整ポイント

このポイントは通常クレジットカードのご利用に応じて付与されるポイントです。

ご利用代金1,000円に対し、1ポイントです。

10万円のご利用で100ポイントが付きます。

このポイントは直接ANAマイルに交換します。

 

[2] プレミアム・ボーナスポイント

ご利用額に対し、クレジットカードの種類と前年度の利用額に応じたボーナスポイントが追加で貰えます。

はじめてカードを作られた方は昨年度実績が当然ありませんので、ここ部分でのボーナスポイントはありません。

 

他社から交換されたポイント分は、ボーナスポイントに付きます。

『PeX』で交換申請したポイントは、ボーナスポイントとして付与されます。

 

そして、このボーナスポイントはANAマイルへは直接交換いないでください。

ボーナスポイントは新ソラチカルートでANAマイルにします。

ですので、ボーナスポイントは『Gポイント』へ交換します。

 

[1] 獲得・調整ポイントをANAマイルに交換

ここからはワールドプレゼントポイントの交換手順です。

はじめに獲得・調整ポイントをANAマイルに直接交換する手順をご説明します。

ポイント残高照会画面の『ANAマイレージ移行』ボタンをクリックします。

下の画面が表示されます。

獲得・調整ポイントですので、「獲得ポイント」側となります。

交換を応募つまり都度行うのが「応募方式」で、毎月自動的に行うのが「自動方式」です。

忘れずに毎月交換するのでしたら「自動方式」でも構いません。

ただし、ANAのマイルには期限があります。

通常ですとマイルが付いてから2年後には消滅します。

ですので必要なときにマイルに交換する「応募方式」としましょう。

 

画面を下にスクロールします。

クレジットカードの種類により、1ポイントが何マイルに交換できるかが変わります。

 

ANA一般カード会員の方

ANA一般カード会員の方は、上の図となります。

移行手数料が無料の「5マイルコース」ですと、1ポイント⇒5マイルで交換します。

移行手数料として6,000円+消費税を支払いますと、「10マイルコース」に応募できます。

「10マイルコース」は、1ポイント⇒10マイルで交換できます。

 

6,000円+消費税を支払って倍のマイルとするかどうかは、何ポイント貯まったか・貯める予定かで判断が分かれます。

1マイルの価値を2円と見ます。

消費税が10%ですので「10マイルコース」の移行手数料は6,600円ですね。

6,600円÷2円=3,300マイルに相当します。

「5マイルコース」と「10マイルコース」とのマイル差は1ポイント=5マイルです。

5マイル差をポイントに逆算しますと、3,300÷5マイル=660ポイントとなります。

獲得ポイントが660ポイント以上貯まれば、あるいは貯めるのなら、「10マイルコース」の方がいいでしょう。

尚、660ポイントは、カードの支払い利用で、666,000円になります。

 

ANAゴールド会員・プレミアム会員・銀聯会員の方

利用するANAカードが、ゴールドカード、プラチナプレミアムカード、銀聯カードの方は下の図となります。

銀聯(ぎんれん)カードとは、中国の銀聯が発行するカードです。

また、プラチナプレミアムカードは年会費が80,000円以上もする超高級カードです。

ここでは、ゴールドカードについてご説明します。

 

ANA VISAワイドゴールドカード

ANAカードのゴールドカードと言いますと、陸マイラーではド定番の『ANA VISAワイドゴールドカード』となります。

年会費14,000円+消費税です。

消費税込みでは15,400円ですね。

ゴールドカードとしては一般的な年会費です。

このカードは、WEB明細書サービスと、マイ・ペイすリボ登録をしますと、翌年度からは4,500円+消費税分が割引されます。

そうしますと年会費9,500円+消費税の計10,450円となります。

 

この『ANA VISAワイドゴールドカード』ですと、「10マイルコース」が無料です。

年会費無料の『エブリプラス』と比べてみます。

年会費だけの視点では、『エブリプラス』で「10マイルコース」移行手数料6,600円を支払った方がお得です。

差額は10,450円-6,600円=3,850円ですね。

 

でも『ANA VISAワイドゴールドカード』には、3,850円以上の付帯サービスやポイント還元率があります。

ですので、ANAの陸マイラーの皆さんは、『ANA VISAワイドゴールドカード』をメインカードとして利用します。

 

この記事はVpassについてですので、『ANA VISAワイドゴールドカード』のメリットに関しては詳しく説明しません。

今回はここまでとします。

 

では、10マイルコースとするのか?

結論は既に申しました。

獲得ポイントが648ポイント以上貯めらるれのかが分岐点です。

ポイント
獲得ポイントが648ポイント以上貯められるのなら「10マイルコース」
ANAカードをご利用のメインカードとするなら、ANA VISAワイドゴールドカード

 

「5マイルコース」と「10マイルコース」のまとめ

 

あなたの状況に沿って、「5マイルコース」、「10マイルコース」、それともゴールドカードの「10マイルコース」の『お申し込みはこちら』ボタンをクリックします。

 

カード情報入力画面

マイルに交換するポイントのカード情報を入力します。

カード表面の有効期限を入力します。

月は2桁で入力します。

例:1月 ⇒ 「01」

年は西暦年の下2桁を入力します。

例:2018年 ⇒ 「18」

 

セキュリティコード3桁を入力します。

間違いが無ければ『次に進む』ボタンをクリックします。

 

交換ポイント数入力画面

交換ポイント数を入力する画面になります。

移行可能ワールドプレゼントポイントが表示されますので、それ以下のポイントを入力します。

入力は1ポイント以上で、1ポイント単位です。

 

上の例は現在の僕の状況で、実は既に交換済みで交換可能ポイントがありません。ゼロです。

ですので、『確認する』ボタンをクリックしても受付してくれません。

上の画像のように怒られます。

 

通常は、交換可能ポイントがありますので、この後は最終確認画面となり、そこで交換申込み完了となります。

 

ボーナスポイントは直接ANAマイルに交換しない

ボーナスポイントを獲得ポイントと同じようにANAマイルに交換しますと下の図のようになります。

1ポイント⇒3マイルと交換率が悪くなります。

ですので、ボーナスポイントは次で説明しますように『Gポイント』に交換し、新ソラチカルートでANAマイルにします。

新ソラチカルートなら、1ポイント=4.05マイルになります。

 

[2] プレミアム・ボーナスポイントをGポイントに交換

それでは次にボーナスポイントの交換手順についてご説明します。

 

っと、その前に!

『Gポイント』への登録はお済みですよね。

もしまだ『Gポイント』の登録が済んでいませんのでしたら下のバナーから登録ください。

Gポイント

 

では、『Gポイント』の登録ができていますので、

メニューの『ポイントを確認・交換する』をクリックし、ポイント残高の確認画面を表示します。

下の方に、『ポイントを使う』ボタンがあります。

この『ポイントを使う』ボタンをクリックします。

 

ポイントの交換サービス一覧画面

ワールドプレゼントポイントは、他社ポイントだけでなく、景品への交換やギフトカードへの交換などもできます。

ここはANAマイルへ新ソラチカルートで交換しますので、『ポイント移行』をクリックします。

 

ポイント移行先一覧画面

2018年12月でのワールドプレゼントポイントのポイント移行先です。

※ 2019年4月1日時点で、Point Income、 i2i Point、GetMoney!、Life mediaも直接G-Pointに交換可能となっています。

新ソラチカルートでは、ワールドプレゼントポイントは、『Gポイント』へ交換します。

ですので、『Gポイント』をクリックします。

 

Gポイント移行画面

このGポイント移行画面の下の方に、移行に関する制限事項が記載されています。

・ワールドプレゼント1ポイント ⇒ Gポイント5ポイント
・最小移行ポイント200ポイントで100ポイント単位
・移行は即時

ここで移行レートが判ります。

ワールドプレゼント1ポイントの価値は5円です。

ワールドプレゼント1ポイント=5円
新ソラチカルートならANAマイルへの最終交換率は81%
1ポイント=5円×81% ⇒ 4.05マイル

Gポイント1ポイントは1円ですので、ワールドプレゼント1ポイント ⇒ Gポイント5ポイントとなります。

さらに、交換は200ポイント以上からで、交換単位は100ポイントです。

 

『お申し込みはこちら』ボタンをクリックします。

そうしますと怒られます(苦笑)

実はボーナスポイントも既に交換済みで、交換可能な200ポイントまで貯まっていません。

通常でしたら、交換可能最低ポイント以上での交換申し込みですので、ここからは交換先の『Gポイント』の確認などになります。

 

そして無事交換の申し込みが完了しましたら、即時Gポイントに相当ポイントが付与されます。

 

スポンサーリンク

まとめ

新ソラチカルートでは、三井住友カードのワールドプレゼントを中継します。

ですのでVpassは必須となります。

初めての場合何ができるのか? どこからできるのか? が判りませんね。

でも、少しVpassを操作すれば割と簡単なことに気づくでしょう。

 

折角ポイントサイトで貯めたポイントです。

できれば高交換率でANAマイルにしたいですよね。

Vpassを使って、ポイントサイトで貯めたポイントを上手にGポイントに交換してください。