娘が卒業旅行として、生協で取り扱いのある日本旅行社のツアーを使い、セントレアからパリへ行きました。

利用する航空会社はドイツのルフトハンザ航空です。

ルフトハンザは、ANAと同じスターアライアンスに属しています。

ですので、往復の搭乗分のマイルは、ANAのマイルにします。

 

今回は事前に申請できず、というのも生協扱いのツアーでeチケットが当日のセントレアでの受け取りのようでした。

だから、ANAマイルへは帰国後に事後申請しました。

 

スポンサーリンク

ルフトハンザ航空はANAの提携航空会社

ルフトハンザ航空はスターアライアンスに加盟していまして、ANAとの提携航空会社です。

スターアライアンスは世界最大のエアライン・アライアンスで、日本からはANAが加盟しています。

スターアライアンスでは、28の航空会社が世界192カ国に就航しています。

ウィキペディアに掲載されていました一覧表です。

ですので、ルフトハンザ航空便の搭乗で、搭乗マイルをルフトハンザのマイレージプログラム(『マイルズ&モア』と言います)にもできますし、ANAのマイルにもできます。

ただ、よほどルフトハンザを利用される機会が多い方でないとANAマイルにされますよね。

 

スポンサーリンク

提携航空会社のANAマイル事後申請

ANAマイルへの事後申請についてご説明します。

 

事後申請方法

申請方法
ANA便:電話またはANAウェブサイト
提携便:ANAウェブサイトのみ

僕は、始めはよく判らなかったのでANAのサービスデスクに電話しましたら、上の方法になりますと言われました。

 

事後申請期間

申請期間
搭乗日の3日後から6ヶ月以内

 

ANAマイル積算時期

マイル積算時期
提携航空会社側の処理などがあり、搭乗日から10日程度必要。

搭乗日から10日過ぎてから事後申請しますと、即時ANAマイルが積算されます。

 

実際、今回僕の申請の状況画像です。

・往路:2月7日(日本)

・復路:2月13日(現地)

・申請:2月18日

ご覧のとおり、事後登録状況欄では、往路分は「積算が完了しました」と即時ANAマイルに処理されました。

復路はまだ搭乗から5日ですので、「提携航空会社へ確認中です」となっています。

 

娘のANAマイレージ画面で積算されたかを見てみますと、確かに往路分は積算されていました。

スポンサーリンク

事後申請手順

 

準備するもの

ANAマイレージ番号

当然ですが、搭乗者がANAマイレージクラブに加入している必要があります。

加入していませんと、積算先がありません。

 

eチケットまたは搭乗券

ANAのウェブサイトには、マイルが積算されるまで、eチケットと搭乗券は保管しておいてくださいと記載されています。

ただ、事後申請としましては、どちらかが手元にあれば可能です。

というのも、申請に必要なのは次の事項です。

申請記載事項
・搭乗日
・航空会社名
・搭乗便番号
・搭乗区間
・予約クラス(ブッキングクラス)
・搭乗券番号

連絡先メールアドレス

申請結果として積算不可の場合、その連絡がメールで来ます。

そのためのメールアドレスを入力する必要があります。

 

ルフトハンザの搭乗券面

今回、娘の代わりに事後申請しました。

娘からは搭乗券は受け取っていましたがeチケットは受け取っていません。

ですので、ルフトハンザの搭乗券のみで申請しました。

で、事後申請の各項目は、搭乗券面のどこに記載されているかを画像でご説明します。

座席番号の入力は任意のようですが、判っていますので入力しました。

 

申請ページ

では、ここから具体的な申請手順です。

まずは、申請ページです。

1.ANAのウェブサイト画面で搭乗者でログインします。

 

2.「ANAマイレージクラブ」タブをクリックし、「マイル事後登録」をクリックします。

 

3.フライトマイル画面最下段の、提携航空会社の「マイルの事後登録方法」をクリックします。

4.マイルの事後登録画面を下へスクロールし、ANAウェブサイト(PC)枠の「>会員専用機能へ」をクリックします。

5.国際線事後登録画面が表示されますので、お客様番号(マイレージ番号)とお客様氏名が正しいかを確認し、下部の四角部をチェックします。

 

事後申請の連絡用メールアドレス

事後申請しますと、登録内容の確認や結果をメールで連絡されます。

その連絡先メールアドレスを設定します。

ANAマイレージクラブで登録済みのメールアドレスが初期設定されていますので、そのままでよろしければ「ご搭乗便の入力へ」をクリックします。

搭乗便の入力

搭乗券を見ながら、搭乗便の情報を入力します。

一度に4便まで入力可能です。

今回のツアーも往復で4便でした。

・往路:セントレア ⇒ フランクフルト ⇒ パリ

・復路:パリ ⇒ フランクフルト ⇒ セントレア

もし5便以上の申請でしたら、4便目までの申し込みを完了し、さらに5便目以降を登録してください。

 

区間の入力について

区間部分の入力は、地域欄も出発空港欄/到着空港欄もプルダウンメニュー選択式です。

 

地域欄

 

出発空港/到着空港欄

確認画面

搭乗便を全て入力し、「確認画面へ」をクリックします。

全て確認しましたら四角部分をチェックし、「登録する」ボタンをクリックします。

 

登録完了画面

登録完了画面が表示されます。

上でもご紹介しましたが、今回は4便でしたので、4便の情報と状況が表示されます。

 

実際の積算マイル数

往路

往路は予約クラスが「K」です。

「K」クラスの運賃別積算率は30%となります。

往路は上の画像のとおりのマイルとプレミアムポイントでした。

セントレアからドイツのフランクフルトまで1,758マイル、フランクフルトからパリまで82マイル、合わせて1,840マイルです。

非常に少ないですね(笑)。

僕はANAプラチナで、セントレアから那覇までのプレミアムクラスの運賃をANAワイドゴールドカードで支払いますと、片道1,971マイル、2,422プレミアムポイントとなります。

パリまで搭乗して、プレエコですが僕の沖縄までよりも少ないマイル数です。

でも、事後でも申請することで、ANA上級会員でもなく、ゴールドカードでもない娘が、僕の沖縄と同じぐらいのマイルが積算できました。

 

復路

さらに復路は予約クラスが「S」です。

「K」クラスの運賃別積算率は50%となります。

往路よりもマイル数が増えますね。

今はまだルフトハンザ側での処理中で、ANA側には積算されていません。

単純計算で、30%⇒50%すれば良いだけで、そうしますと復路2便合わせて3,067マイルになります。

これはなかなかのマイル数です。

 

<2月23日 復路便のマイルを確認>

2月23日にANAのマイル口座を見てみましたら、復路便も積算されていました。

往復4便で合計4,907マイルでした。

 

プレミアムポイント

提携航空会社の場合、路線倍率は1倍です。

よって、マイルもプレミアムポイントも同じ値ですね。

 

プレミアムポイントをご存知ない方は、下の記事の中でご説明しています。

よろしければ下の記事もご覧ください。

 

ルフトハンザ航空の予約クラスと積算率

ルフトハンザ航空の予約クラスと積算率は下のページで確認できます。

 

エコノミークラスですと下の表となります。

 

スポンサーリンク

まとめ

大学の生協が取扱いしている旅行会社のツアーでも、マイル積算可能な予約クラスでしたらANAマイルに積算できます。

そして、搭乗の事後でも非常に簡単に申請できますし、実際マイルも何も問題なく積算されます。

初めてですと不安というか疑心暗鬼かもしれませんが、実際行ってみますと拍子抜けするほど簡単でした。

皆さんも、ツアーだからとか、事後だからと諦めないで申請しましょう。

 

ホテルや航空券を個人で手配するのに役立つアプリ

あなたがもしご自分でホテルや航空券の手配をお考えでしたら、出来る限りお値打ちにしたいと思われますよね。

「atta」なら、そのお手伝いができます。

「atta」とは
・無料でご利用できるホテル・航空券検索アプリ
・AI学習機能を用いて値下がり予測する。
・値下がりのお知らせ機能がある。

現在の最安値の検索は当然ですが、今後値下がりするかどうか、その確立はどれぐらいなのかを予測してくれます。

値下がりの確立が高ければ、手配を少し待つことができますよね。

そして、値下がりましたらアラート機能により「atta」が知らせてくれますので、予約忘れや売り切れを防ぐこともできます。

上の動画で「atta」の特徴が説明されていますのでご覧ください。

 

「atta」は無料です!

今すぐダウンロードする