マリオットプラチナプレミアからヒルトンダイヤモンドにステータスマッチを申請しましたが、90日間で2滞在しかしませんでした。

でも、90日を過ぎてもヒルトンのアカウントはダイヤモンドのままでしたが、やはりダイヤから陥落しました。

スポンサーリンク

チャレンジ未達成

昨年の秋にステータスマッチを申請し、90日間のダイヤモンド試用期間を頂きましたが、結局2滞在しかできませんでした。

もう1滞在していますが、ANAツアーでの予約なのでチャレンジ条件には無効です。

このことは下の記事でご紹介しています。

 

スポンサーリンク

ダイヤモンドから陥落

90日経過しても、アカウントはダイヤモンドのままでしたので、ひょっとしてマリオットの実績などを考慮してダイヤモンドを少しばかり延長していただけるのではと期待しました。

 

が、そんな上手い話は当然ありませんでした。

 

何故かシルバーに?

90日間でのチャレンジがゴールドの4滞在にも届いていません。

ですので、ステータスマッチ以前のメンバーに戻るものと思っていました。

そしたら、何故かシルバーになっています。

なんか凄く地味ですね。

年が越しましたので、実績ゼロです(笑)

 

ヒルトンシルバーとは?

ヒルトンオナーズのシルバーってどんなん?って僕自身もあまり判っていません。

ヒルトンの公式サイトなど確認しましたら、ヒルトンゴールドからは朝食無料などの特典があり魅力があります。

メンバーとシルバーの違いと言いますと、

・滞在でのボーナスポイントとして20%アップが有るのか

・5宿泊目が無料となるのか

・水500ml2本がプレゼントされるのか

・ヒルトンエリートの実績が翌年繰り越すのか

ぐらいですか。

何かこだわるランクとも思えませんね。

 

ヒルトンオナーズジャパンに問い合わせ

そんなシルバーに何故なったのか?

ゴールドでなくシルバーでしたので、実はどうでもいいかって思ってました。

でも、やはり理由はきちんと知りたいと思い、ヒルトンへ問い合わせました。

 

問い合わせメール

年始早々というか、お正月休みの最終日?に思い立ってメールで問い合わせしました。

要点は、

2滞在でシルバーって何で???

ということです。

 

しかし、今読み返してみて、メールタイトルが『ヒルトンプラチナチャレンジについて』。

ヒルトン様、申し訳ございませんでした(汗)。

 

アカウント確認のための質問メール

で、ヒルトンからは下のメールです。

はじめの僕からの問い合わせメールの最後に、ヒルトンオナーズの会員番号を記載しました。

でも、問い合わせ内容が個人的なことだったからでしょうか?

会員番号だけでなく、名前と住所と電話番号を返信するようにとのメールです。

 

昨今、個人情報については公開しない、さらには拡散されないなどそんなに簡単に提示しませんよね。

特に、昨年はマリオットでの世界規模の個人情報流失があったばかりです。

 

なので、上の個人情報に関するメールを受け取ったときには、実は迷惑メールやスパムメールでないかと少々疑っていました。

 

ヒルトンオナーズジャパンへ電話で確認

なので、ヒルトンオナーズジャパンへ、はたしてメールは本当にヒルトンからなのか電話で確認しました。

受領したメールのアドレスと、いつのメールか、さらにはヒルトンオナーズの誰からのメールかを電話で伝えました。

ヒルトンのオペレータの女性も、電話の主旨をすぐに理解していただいたようで、

『個人情報ですのでご心配なことですよね』って仰られました。

最王手で最大のライバルであるマリオットの事件が影響していると感じました。

 

電話で確かにヒルトンオナーズジャパンからのメールと確信しましたので、すぐに問い合わせ事項に対しての回答を返信しました。

 

問い合わせメールに対してのヒルトン回答

本日1/14に下のメールが届きました。

 

『Soft-Landing』だそうです。

メールは上の通りです。

だいたい予想していましたが、8滞在でダイヤモンド、半分の4滞在でゴールドというチャレンジでの条件から、さらに半部ならシルバーということでしょう。

でも、『Soft-Lnading』って初めて聞きました。

『落としどころ』ってことですか???

 

まぁ、折角ですので、2020年3月まではメンバーに降格にもならないようなので、ありがたくお受け致します。

 

スポンサーリンク

まとめ

マリオットプラチナプレミアからのヒルトンステータスマッチ。

90日間でたった2滞在でしたがヒルトンダイヤモンドの一端は味わえたと思います。

ダイヤモンドは厳しくとも、ゴールドでしたらヒルトンオナーズゴールドカードを所有することで享受できます。

ヒルトンゴールドなら朝食無料ですのでありがたいです。

 

今回、結局はシルバーとなりましたが、チャレンジ中の2滞在でのおもてなしはほんと忘れられない経験でしたので、今後もできればヒルトンを利用したいと思います。

 

でも、マリオットのプラチナプレミアのアドバンテージは強力で、ヒルトンの利用は那覇か福岡に限られそうです(笑)

 

ステータスチャレンジ条件が改悪!
2019年8月にステータスチャレンジ条件が改悪されました!
ダイヤモンド達成条件が8滞在から18泊になりました。
ステータスチャレンジ期間中、2019年8月以前ではダイヤモンド特典が享受できましたが、8月以後はゴールド特典しか得られません。