ヒルトン名古屋への行き方をご紹介します。また、周辺のスポットも簡単ですがご紹介します。

 

新幹線でお越しの方のために、名古屋駅新幹線改札からの説明となっています。

飛行機で中部国際空港(セントレア)に到着され、セントレアから名古屋駅に名鉄電車でお越しの方のために、名鉄名古屋駅中央改札(出口専用)からの説明となっています。

写真を多く使っていますので、名古屋駅が始めての方でも判りやすいと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヒルトン名古屋の場所

ヒルトン名古屋から名古屋駅側の眺め

上の写真は、ヒルトン名古屋の客室最上階の27階から撮影したものです。

JRセントラルタワーズビルの下が名古屋駅です。

ですので、ヒルトン名古屋は、写真からも分かるとおり、名古屋駅からは少々離れています。

尚、JRセントラルタワーズビルの15階から上が、名古屋マリオットアソシアホテルです。アクセスは抜群です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヒルトン名古屋の場所

ヒルトン名古屋は、いわゆる伏見エリアに立地しています。

名古屋駅からは東になります。

 

広小路通りの南側に面しています。

正面玄関は、広小路通りの広小路中ノ町交差点を南北に走る道路に面しています。

尚、この道路は一方通行ですので、お車の方は広小路中ノ町交差点を南側へ入らないようご注意ください。

ヒルトン名古屋の住所としましては以下となります。

・愛知県 名古屋市 中区 栄1丁目 3-3

スポンサーリンク
ヒルトン名古屋への行き方

名古屋駅からヒルトン名古屋へ行く方法としては、

・タクシー(850円程度)

・無料専用シャトルバス(10分)

・地下鉄(大人200円)+ 徒歩(3分)

・徒歩(20分以上)

となります。

徒歩では20分以上かかりますが、道順はいたって簡単ですので荷物が少ない方でしたら徒歩でも可能です。

 

新幹線改札から

新幹線改札からはまずは桜通口のロータリーを目指します

新幹線で名古屋駅に着きましたら、改札を出てコンコースを「桜通口」方面(JR名古屋タカシマヤ方面)へ歩きます。

新幹線改札すぐは「太閤通口」です。「桜通口」は反対側になります。

地下鉄名古屋駅も、タクシー乗り場も、無料シャトルバス乗り場も、さらには徒歩で向かう場合も全て同じ方向ですので、まずは桜通口を目指しましょう。

名古屋駅のコンコースはいつも混雑しています。

新幹線の改札を出てから、桜通口までは3分程度はかかると思ってください。

タクシー乗り場は、桜通口だけでなく、太閤通口にもあります。

もし、荷物を運ぶのが辛いのでしたら太閤通口のタクシー乗り場をご利用ください。

 

やっと、桜通口が見えてきました。

この広場の左右というか上がJR名古屋タカシマヤが入っているJRセントラルタワーズです。

上の写真の金時計が名古屋っ子の待ち合わせ場所です。夕方は歩くのも大変な込み具合ですよ。

 

上の写真の天井吊り下げ看板に、名古屋マリオットアソシアホテル ⇒ と表示されていますよね。

名古屋マリオットアソシアは、JRセントラルタワーズの15階から上になります。

なので、アクセスはピカイチです。外に出る必要もありません。

 

このまま中央エスカレータの脇を抜け、ロータリーまで出ます。

 

タクシーでの行き方

ロータリーの左寄りにタクシー乗り場があります。

ここのタクシー乗り場はいつも順番待ちで並びますが、タクシーは次から次へと来ますので、そんなに待つことはありません。

タクシーに乗りましたら運転手さんに『ヒルトンへ』と言えばOKです。

 

このタクシー乗り場からですと、タクシー料金は850円程度です。

重くかさばる荷物を持って、混雑する地下鉄を乗るよりも、少々割高ですがタクシー利用をお奨めします。

後で紹介しますが、名古屋の地下鉄で最も混雑するのが、東山線の名古屋-伏見間です。

通勤時間帯では押しくら饅頭(古っ!)状態で、体が固定されますよ。

スーツケースなんて持って乗ったら周りの目が・・・。

 

無料シャトルバスでの行き方

ミッドランドスクエア横からヒルトン名古屋への専用無料シャトルバスがあります。

ミッドランドスクエアは、桜通口のロータリーから見て、右斜め前に立っていますので、名古屋駅前ということです。

 

運行時刻については以下です。(ヒルトン名古屋公式サイトより)

少々変則的な運行ですね。

注意点としては、乗車定員が8名という点です。

また、帰り(ヒルトン名古屋からミッドランドスクエアへ)は事前予約が必要という点です。

 

それでは、乗り場への行き方を説明します。

と言っても、ロータリー右側を歩き、横断歩道を渡るだけです。

横断歩道を渡り、斜めの細い道を少し入ったところが乗り場になります。

シャトルバス乗り場の立札や案内板などはありません。

名古屋市が設置した『自転車等を利用される皆さんへ』の案内板付近が乗り場です。

乗車時間はおおよそ10分です。

 

地下鉄での行き方

名古屋駅から電車を利用する場合は地下鉄となります。

地下鉄名古屋駅には「東山線」と「桜通線」が通っています。

ヒルトン名古屋へは、東山線で1番ホームから「伏見・栄・藤が丘方面」行きに乗ります。

 

桜通口のロータリーのタクシー乗り場を通り過ぎますと、地下鉄改札に向かう9番出入口に行けます。

階段を降り、地下街に入ります。

降りましたら、通路をそのまま真っ直ぐ横断しますと、地下鉄の改札です。

この改札からは、東山線だけでなく、桜通線へも乗車できます。

改札を通りましたら、直進して、東山線への1番ホームを目指します。

 

地下鉄に乗車しましたら、1つ目の「伏見駅」で下車します。

名古屋駅から伏見駅は約5分です。

降車側ドアは進行方向の左側になります。

 

ヒルトン名古屋には伏見駅の7番出口から行きます。

 

伏見駅に着きますと、ホーム中央に1番および10番出口の改札に向かう階段があります。

そっちへは行かずに、2番~9番出口の方へ向かいます。

2番~9番出口の改札は、降車したホームとは反対側のホームになります。

なので、下の写真の階段を下り、線路の下を潜り反対側のホームへ行く必要があります。

反対側のホームに上がりましたら、案内表示に従い、7番出口を目指します。

7番出口から地上へ出ますと、広小路通りの広小路伏見交差点です。

そのまま真っ直ぐ進んでください。

2ブロック進みますと、3つ目の信号の広小路中ノ町交差点に着きます。

伏見駅からヒルトン名古屋までは徒歩で3分程度です。

名古屋駅から伏見駅までの地下鉄料金は、大人200円です。

名古屋は鉄道代が東京や大阪に比べ非常に高価です。

たった地下鉄1駅(約5分)の乗車で200円ですよ。

 

スポンサーリンク

名鉄中央改札口(出口専用)から

名鉄名古屋駅の中央改札口(出口専用)を出ますと、左側に地上へ上がる階段があります。

斜め左前方に地下に降りる階段があります。

 

タクシーでの行き方

名鉄名古屋駅の中央改札口(出口専用)を出て、左側の階段を上がります。

上がりましたら、左へ進みます。

すぐタクシー乗り場です。

ここのタクシー乗り場は、名鉄改札からすぐという場所なのか、なかなかタクシーが来ません。

順番待ちの状況でしたら、僕は桜通口のロータリーまで行って、そこのタクシー乗り場を利用します。

 

そこへは、このタクシー乗り場を通過して、JRの広小路口に入ります。

広小路口へ入りましたら左へ進みます。

そうしますと、名古屋駅コンコースの桜通口の金時計広場に行きます。

そこから先は新幹線改札からで説明した内容と同じです。

 

無料専用シャトルバスでの行き方

名鉄中央改札口から、ヒルトン名古屋への無料専用シャトルバス乗り場への行き方を説明します。

左手の階段を上り、右側へ進みます。

直ぐに横断歩道に着きますので、これを渡ります。

渡りましたら左へ進みます。

次の交差点の左手にシャトルバス乗り場があります。

 

地下鉄での行き方

地下鉄は、東山線で伏見駅まで行きます。

名鉄名古屋駅の中央改札口(出口専用)を出て、斜め左前方に進みます。

すぐに、地下へ降りる階段があります。

階段を降り、斜め左前方に進みます。

地下鉄東山線の名古屋駅改札です。

ここから後は、新幹線改札からと同じになります。

 

徒歩での行き方

身軽で天気が良いなら徒歩で行くこともありです。

 

新幹線改札からでしたら、桜通口のロータリーを右に進み、無料シャトルバス乗り場へ行く横断歩道を渡ります。

渡りましたら右に進みます。

名鉄を利用された方は、名鉄中央改札口の左手の階段を昇り、昇りましたら右に進みます。

すぐに横断歩道に着きますので渡ります。

渡りましたら右に進みます。

数ブロック進みますと名古屋モード学園スパイラルタワーズビルに着きます。

その先の交差点が広小路通りの笹島交差点です。

笹島交差点を左折します。

ここからは、広小路通りを東へ進みます。

10分程度歩きますと、納屋橋に着きます。

納屋橋からは、ヒルトン名古屋まで、もう少しですよ。

 

スポンサーリンク

自動車での行き方

公共機関でなくお車でお越しの方に簡単にご説明します。

 

ヒルトン名古屋の地下に駐車場があります。

宿泊者は、24時間毎に1,300円です。

宿泊でない方は、30分250円です。

尚、婚礼での利用の場合は、4時間まで無料です。

レストランでの利用の場合、3,000円以上では2時間無料、10,000円以上では3時間無料です。

 

注意する点は、ヒルトン名古屋前の道路は一方通行です。

広小路からお越しの場合、広小路中ノ町交差点からヒルトンへは進入禁止です。

ヒルトン名古屋の駐車場は、正面玄関前を通り抜け、地下駐車場入口から入ります。

 

 

 

ヒルトン名古屋の周りにも有料パーキングは多数あります。

宿泊・婚礼・レストラン利用以外なら、ヒルトンの駐車場でなく、付近のパーキングを利用した方がお安くなりますよ。

上の写真は、ヒルトンの真向かいの有料パーキングです。

ハイルーフ車も駐車可能で、土・日・祝は24時間最大1,000円とお安いですよ。

 

周辺スポットについて

ここからは、ヒルトン名古屋の周辺スポットについて簡単にご紹介します。

 

徒歩圏内

ヒルトン名古屋から東側に、科学館や美術館などがあります。

名古屋は、今では名駅エリアが髙島屋やミッドランドスクエアなどにより人気ですが、古くから名古屋の中心は栄エリアです。

地下鉄の栄駅を基点に、南北に久屋大通りが走り、栄駅の北側にテレビ塔、東側に愛知県美術館、南側には松坂屋や三越などの百貨店が立ち並びます。

また、栄駅の北西側は、名古屋の繁華街の錦三エリアとなります。

 

ヒルトン名古屋から栄駅までは地下鉄東山線で1駅です。

散歩気分で十分歩いて行けます。

僕は、錦三(きんさん)という言い方はあまり馴染みません。いつもは錦(にしき)と言いますね。

で、錦で飲んだ後は、酔い醒ましがてら歩いてホテルに戻ったりします。

 

公共機関利用

 

名古屋城

名古屋城へ徒歩では厳しいです。

地下鉄伏見駅から東山線で栄駅まで行き、栄駅で地下鉄名城線に乗り換えます。

市役所駅で降り、7番出口から地上に出ます。

地下鉄料金は大人200円です。乗車時間は乗り換え時間も含め約15分です。

 

ナゴヤドーム

ナゴヤドームへも地下鉄で行きます。

名古屋城と同じ栄駅で地下鉄名城線に乗り換えます。

ナゴヤドーム前矢田駅で降ります。

そこから徒歩5分程度でドームに着きます。

地下鉄料金は大人270円です。乗車時間は乗り換え時間も含め約25分です。

 

ここからはちょっと遠い観光スポットです。

 

名古屋港水族館

名古屋港水族館も地下鉄を利用します。

やはり栄駅で地下鉄名城線に乗り換えます。

名城線では「金山方面」に乗ります。

金山駅で地下鉄名港線に乗り換えます。

終点の名古屋港駅で降り、3番出口から徒歩5分程度です。

地下鉄料金は大人270円です。乗車時間は乗り換え時間も含め約45分です。

 

東山動植物園

こちらも地下鉄です。

伏見駅から東山線で東山公園駅まで行きます。乗り換えはありません。

東山公園駅の3番出口から徒歩3分です。

地下鉄料金は大人270円です。乗車時間は15分です。

 

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

2005年に万国博覧会の会場となりました愛・地球博記念公園(モリコロパーク)へは、地下鉄とリニモを利用します。

伏見駅から東山線で藤が丘駅まで行きます。

藤が丘駅でリニモに乗り換えます。

リニモの愛・地球博記念公園駅で降ります。

地下鉄料金は大人300円です。乗車時間は25分です。

リニモ料金は大人370円です。乗車時間は13分です。

※ サツキとメイの家は予約が要りますので注意ください。

 

まとめ

ヒルトン名古屋へは名古屋駅から約10分程度の距離です。(徒歩は20分以上)

名古屋駅からタクシーを利用しても、850円程度で行けますよ。

もし上手く時間が合えば、無料シャトルバスが利用できます。