ヒルトン・オナーズのダイヤモンドメンバーになりました。

マリオット・プラチナプレミアからのステータスマッチによるものです。

今回は、ヒルトン・オナーズのステータスマッチ方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ヒルトン・オナーズの会員ランク

ヒルトン・オナーズ会員には4つのランクがあります。

  • メンバー
  • シルバー
  • ゴールド
  • ダイヤモンド

ダイヤモンドは最上級ランクです。

メンバーとは、ヒルトン・オナーズ会員に登録した方の最初のランクです。

そこから宿泊実績などで、シルバー ⇒ ゴールド ⇒ ダイヤモンドとランクアップします。

シルバー、ゴールド、ダイヤモンドをエリートステータスとも表現します。

 

エリートステータスのランクアップ方法

・シルバー:1暦年間に4回の滞在または10宿泊

・ゴールド:1暦年間に20回の滞在または40宿泊または75,000ベースポイント獲得

・ダイヤモンド:1暦年間に30回の滞在または60宿泊または120,000ベースポイント獲得

1年間とは、1月1日から12月31日の間のことです。

ベースポイントとは、滞在支払いで獲得するポイントのことです。滞在費用US1$につき10ポイントが獲得できます。

 

最上級のダイヤモンドでも60宿泊です。

マリオットの最上級エリートのプラチナプレミアアンバサダーは100泊、実質最上級と言えるプラチナプレミアは75泊です。

マリオットに比べ獲得しやすい設定ですね。

 

ランク別の特典

ではランクにより、何が違うのかをご説明します。

1つめは、滞在支払いによるポイント数の違いです。

US1$につき、メンバーなら10ポイントですが、ダイヤモンドですとその倍の20ポイントとなります。

ここで注意が必要です。

さきほどのゴールドまたはダイヤモンドのエリートステータス条件にベースポイント獲得数がありました。

ベースポイントとはエリートステータスに関係なく獲得できるポイント、つまりUS1$につき10ポイントです。

ダイヤモンドでの獲得は、正確には10ベースポイント+10エリートボーナスポイントとなります。

その他の特典の違いが判る比較表です。

この表の注目点をいくつか紹介します。

・一般会員であるメンバーでも2人目が無料、Wi-Fi無料、レイトチェックアウト無料

・部屋のアップグレードはゴールドメンバーからで、スイートへのアップはダイヤモンドメンバーのみ

・朝食無料はゴールドメンバーから

ラウンジ無料はダイアモンドメンバーのみ

48時間客室保障はダイヤモンドメンバーのみ

48時間客室保証とは、48時間前までなら部屋の確保を保証しますという特典です。

 

マリオットの場合、2018年8月のリワード統合前ならゴールドエリートでも朝食とラウンジが無料でした。

統合後は、ゴールドは朝食・ラウンジ共に有料となり、無料はプラチナエリートからと改悪されました。

朝食無料は大きな特典ですのでヒルトンの方がいいですね。

ヒルトンのゴールドとダイヤモンドの違いは、スイートへのアップグレードとラウンジ無料な点ですね。

 

スポンサーリンク

ステータスマッチ方法

さて、ステータスマッチについてご説明します。

ホテル同士でエリートステータスをマッチング(合わせる)させるプログラムをステータスマッチと言います。

 

ステータスマッチできるホテル

ヒルトンの場合、代表的な以下のホテルグループとステータスマッチができます。

・マリオットグループ(マリオット、SPG、リッツカールトン)の「マリオット・リワーズ」

・IHGの「IHGリワーズクラブ」

・ハイアットの「World of Hyatt」

僕の場合はマリオット・リワードからステータスマッチしました。

 

さて本題のステータスマッチ方法をご説明します。

 

ステータスマッチページ

ヒルトン・オナーズ公式サイトのステータスマッチページにアクセスします。

ページを下へスクロールしますと、ステータスマッチ情報を入力する欄が表示されます。

 

ステータスマッチ情報入力

各欄は上記説明どおりです。

ステータスマッチの相手先は選択式です。

僕のときはマリオットでしたので、「Marriott Rewards」を選択しました。

相手先でのステータスを入力する欄では、「Platinum Premier」と入力しました。

ステータスを証明する画像は、マリオットのマイアカウントのスクリーンショットを使いました。

英語表記に切り替え、英語で判るようにしました。

過去12ヶ月の宿泊実績の画像です。

アクティビティページのスクリーンショットで、滞在実績ページ全てを結合した画像を作成しました。

宿泊実績全てがわかる必要はないかもしれませんが念には念をいれました。

英語が基本!

はるはる

ヒルトン・オナーズのサイトは英語だね。 なので、ステータスマッチで提示する情報も英語にしよう!

 

『私はロボットではありません』をチェックし、下2つの同意欄もチェックします。

チェックの内容は、ヒルトン・オナーズのエリートプログラムの規定の同意と、ヒルトン判断によるエリート剥奪等の同意です。

最後に「MATCH MY STATUS NOW」ボタンをクリックします。

 

スタータスマッチを審査するよ。

アカウント画面がアップデートされるのに5営業日かかるので待ってね。

とのメッセージ画面になります。

 

スポンサーリンク

ステータスマッチの結果

メール受信

僕の場合、2018年8月27日(月)21時頃申請し、31日(金)の18時頃にメールが入りました。

内容は、

ダイヤモンドを11月29日までエンジョイしてください!

というものです。

 

ステータス期間

ヒルトンへのステータスマッチは、実際のところ90日間のお試しです。

なので11月29日までは、ステータスマッチ申請によりダイヤモンドエリートです。

90日の間に一定数滞在すると、期間延長されます。

・4滞在:2020年3月31日までゴールドエリート

・8滞在:2020年3月31日までダイヤモンドエリート

 

僕としては、マリオットを主に利用し続けるつもりです。

なので、ヒルトンエリートの期間延長までは考えていません。

折角なので90日の間にヒルトンを利用してみて、マリオットのプラチナプレミアとの違いを感じてみようと思います。

ステータスチャレンジ条件が改悪!
2019年8月にステータスチャレンジ条件が改悪されました!
ダイヤモンド達成条件が8滞在から18泊になりました。
ステータスチャレンジ期間中、2019年8月以前ではダイヤモンド特典が享受できましたが、8月以後はゴールド特典しか得られません。

 


で、早速、ヒルトン福岡シーホークに1泊してみました。

そのときの様子は下のリンク先でご紹介しています。

よろしければ一度覗いてみてください。

 

アカウント画面の変化

最後にアカウント画面がどう変わったか、スクリーンショットを載せます。

2018年8月27日:ステータスマッチ申請当日 <メンバー>

滞在も宿泊もポイントも全てゼロです(笑)。

シルバーまで後10泊ですね。

 

2018年8月31日:ステータスマッチ後 <ダイヤモンド>

2019年もダイヤモンドのためには後60泊と表示されます。

ただ、これは通常の条件でダイヤモンドになられた方のための画面です。

その前に90日間で8滞在18泊が必要ですよ。

 

以上、僕のときを例題に、ヒルトンへのステータスマッチについてご説明しました。

ヒルトン・オナーズでない方、とりあえずオナーズ登録だけしてみた方で、マリオットやIHGなどのエリートメンバーの方は、ものは試しでヒルトンへステータスマッチをチャレンジし、違いを確認してみてはどうでしょうか?