エアアジアのビッグセールが始まりました。

今回は、2019年の第2弾です。

ビッグセールは通常に比べ、どれぐらいお得なのか見てみます。

 

スポンサーリンク

2019年第2弾のビッグセール内容

セール価格の前に、今回のビッグセールについて確認しましょう。

 

販売期間

・一般販売:   日本時間6月17日(月)午前1時~6月19日(水)
・ビッグメンバー:日本時間6月16日(日)午前1時~6月19日(水)

ビッグメンバーが一般販売より24時間先行販売されます。

 

対象路線

エアアジア全グループ。
但し、DJ便は除く。

つまり、エアアジア・ジャパン以外のエアアジアグループ全便ということです。

残念ですが、セントレア-新千歳便や、セントレア-台湾桃園便はセール対象外ですね。

 

搭乗期間

2020年9月8日まで

 

スポンサーリンク

セール価格

それではセール価格について見てみます。

ビッグメンバー先行販売開始の前日、つまり6月15日の価格と比べてみました。

参考として、学校の夏休み開始前後で選択もしてみました。

 

羽田-クアラルンプール便

<前日>

<セール初日>

 

<前日>

<セール初日>

 

前日の往復は、41,523円です。

セールでの往復も、41,253円です。

価格差は、ありませんでした。

 

羽田-バンコク・ドンムアン便

<前日>

<セール初日>

 

<前日>

<セール初日>

 

前日の往復は、34,490円です。

セールでの往復は、51,558円です。

価格差は、というより値上がりしてますね。

往路便をよく見ますと、前日予約可能であった23:45発-09:30着17,900円の便が無くなっています。

値上がりというより、お安い便が売り切れたという状況です。

 

羽田-ドンムアン便は、往復共にクアラルンプール経由ですね。

 

関空-バンコク・ドンムアン便

<前日>

<セール初日>

 

<前日>

<セール初日>

 

前日の往復は、35,070円です。

セールでの往復は、35,070円です。

価格差は、ありません。

 

関空-台湾・桃園便

関空-桃園便は、エアアジア・ジャパンでなく、エアアジアXですので、今回のビッグセール対象路線です。

<前日>

<セール初日>

 

<前日>

<セール初日>

 

前日の往復は、21,760円です。

セールでの往復も、21,760円です。

価格差は、ありません。

 

セントレア-クアラルンプール便

<前日>

<セール初日>

 

<前日>

<セール初日>

 

前日の往復は、37,796円です。

セールでの往復は、38,177円です。

価格差は、というより値上がってます!

羽田-バンコクはお安い便が無くなっていたのですが、セントレア-クアラルンプールは同じ便があります。

にもかかわらず価格が高い、つまり値上がりですね。

 

セントレア-クアラルンプール便は、往復共にバンコク・ドンムアン経由ですね。

 

セントレア-バンコク・ドンムアン便

<前日>

<セール初日>

 

<前日>

<セール初日>

 

前日の往復は、31,540円です。

セールでの往復は、30,540円です。

価格差は、往復で1,000円です。

やっとセールでお安くなった例が出ました。

 

今回のビッグセールの対象外ですが、エアアジア・ジャパンがセールの影響で価格に変化があるのかも見てみます。

 

セントレア-新千歳便

<前日>

<セール当日>

 

<前日>

<セール当日>

 

前日の往復は、13,160円です。

セール当日での往復も、13,160円です。

価格差はありません。まぁ当たり前ですか。

 

セントレア-台湾・桃園便

<前日>

<セール当日>

 

<前日>

<セール当日>

 

前日の往復は、29,930円です。

セール当日での往復も、29,930円です。

価格差はこちらもありません。

 

まとめ

年4回行われるビッグセール。

2019年の2回目(6月)のビッグセールについて、羽田・関空・セントレア-クアラルンプール・バンコク・台湾で、セール前日と比べてみました。

 

なんと驚きの結果でした。

セール前日と、セール先行販売日との価格差で、お安くなったのは、セントレア-バンコク・ドンムアンのみです。

 

今回の調査ですが、セール先行販売日の開始午前1時過ぎに始めました。

ただし、既に相当の方がログインされていたためか、サーバーエラーでログインが全くできません。

 

なので、実際のセール初日の価格は、先行販売日の午前5時頃のものです。

この4時間に売り切れた路線も当然あります。

特に今回の調査の例を夏休み開始あたりに設定していますので、人気があったかもしれません。

さらに、そんな人気の日ですので、セール対象外日だったかも。

 

なんか、全然望む結果をご紹介できずに申し訳ありません。

 

ビッグセールの販売期間はいつも数日(今回は3日間)です。

年会費無料のエアアジア・ビッグメンバーに登録しますと、一般販売より1日先行して販売されます。

人気路線は、早く売り切れする可能性がありますので、今回のセールを利用しない場合でも、次回のセールに向け、ビッグメンバーに登録されることをお奨めします。

 

スポンサーリンク

追加比較

いったんまとめましたが、どうもすっきりしません。

エアアジアに問い合わせしようにも平日の月~金しかコールセンターは受付けしてもらえません。

 

日本の空港発着じゃなく、本家のクアラルンプール-バンコク・ドンムアン間はどうでしょうか?

以降の価格の調査は、ビッグメンバーでのログインとログアウトでの比較です。

今日は、ビッグセールがビッグメンバー先行販売中で、一般販売前です。

なので、この方法で比べられると思います。

 

クアラルンプール-バンコク・ドンムアン便

搭乗日は、これまでと同じ7月20日前後です。

<ログアウト状態>

<ログイン状態:セール価格>

 

ログアウト状態(通常価格)の往復は、9,050円です。

ログイン状態(セール価格)での往復は、8,778円です。

価格差は、往復で272円です。

 

そもそもの価格が安いとは言え、ビッグセールなんて言うほどの差額ではないですね。

 

それでは、もっと先の便ならどうでしょうか?

来年のG.W.を想定してみました。

 

2020年G.W. クアラルンプール-バンコク・ドンムアン便

<ログアウト状態>

<ログイン状態:セール価格>

 

ログアウト状態(通常価格)の往復は、13,412円です。

ログイン状態(セール価格)での往復は、7,687円です。

価格差は、往復で5,725円です。

 

これです!

やっと、ビッグセールって言える案件が見つかりました。

 

ならば、関空やセントレアもセール価格でお安くなりそうですね。

 

2020年G.W. 関空-バンコク・ドンムアン便

<ログアウト状態>

 

<ログイン状態:セール価格>

 

ログアウト状態(通常価格)の往復は、65,626円です。

ログイン状態(セール価格)での往復は、65,326円です。

価格差は、往復で300円です。

 

おい!

今年の夏休み(差額無し)と全然同じじゃないですか!

 

差額がほとんど無いことも驚きですが、往復金額のお高いこと!

6万5千円もします。

ちなみに、今、ANAで同一日の関空-バンコク・スワンナプーム便(ANAはドンムアンは無い)を調べましたら、羽田経由しかなく、往復で9万8千円でした。

エアアジアには、3万3千円の差額+直行便のメリットはあります。

 

2020年G.W. セントレア-バンコク・ドンムアン便

<ログアウト状態>

<ログイン状態:セール価格>

 

ログアウト状態(通常価格)の往復は、57,808円です。

ログイン状態(セール価格)での往復は、57,508円です。

価格差は、往復で300円です。

 

がっくりですね!

関空と同じです。

 

まとめ その2

僕の調べ方が、2019年の夏休み開始時期や、2020年のG.W.なんて、お高い時期ばかりだからかもしれません。

この少ない例とはなりますが、今回のビッグセールは日本以外に向けたものではないでしょうか?

 

もしそうでしたら、エアアジア・ジャパン独自の超ビッグセールを期待します!