1年ぶりにエアアジアを利用しました。

今回はセントレアの第2ターミナルからの出発です。

行き先は新千歳空港です。

 

今回も1年前同様、事前WEBチェックインを行いました。

 

エアアジアの会員プログラムである「エアアジアBIGロイヤリティプログラム」に登録済みでしたら、WEBチェックインも簡単にできます。

もしまだ登録がお済みでないのでしたら、下の記事で登録方法など詳しくご説明しています。

よろしければご覧ください。

 

今回は、エアアジアの事前WEBチェックインを、搭乗日の前日に行いましたが、その時に座席の変更も行いました。

その座席変更手順と、何故変更したのか、変更に必要な金額などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

事前WEBチェックイン

搭乗日前日のWEBチェックイン時に座席を変更しました。

その方法について、WEBチェックイン手順も含め簡単にご説明します。

 

ログイン

WEBチェックインを行うため、エアアジアのサイトにアクセスします。

 

『BIG ログイン』をクリックしますと、ログイン用ポップアップウインドウが表示されます。

『Eメール』欄と『パスワード』欄を入力し、『ログイン』をクリックします。

これでログイン完了です。

 

WEBチェックイン画面

WEBチェックインは、メニューの『WEBチェックイン』からではなく、『予約の管理』から行った方が予約番号の入力の手間が省けて簡単です。

 

『予約の管理』をクリックしますと、現在の予約が表示されますので、『チェックイン』をクリックします。

 

チェックイン画面では、始めにチェックインする搭乗者を選択します。

今回の予約は1名での予約でしたが、それでも選択が必要でした(笑)。

 

次は、ゲスト情報(搭乗者情報)です。

生年月日と居住地を入力します。

居住地は「Japan」でOKです。

 

その次に、危険物及び禁止品目の確認ページが表示されますので、それらの持ち込みが無いかを確認してください。

レ点チェックし、『次へ』をクリックします。

 

座席変更

今度は受託手荷物と座席番号の変更ページです。

変更が無ければそのまま『チェックインに進む』をクリックしてください。

 

ここで座席番号の変更ができます。

『座席番号/Seat     >』をクリックします。

 

下の画像が予約当日(9月29日)の座席選択画面です。

予約時には2列目の左通路側を選択しました。

1年前の搭乗では、ゆったり座りたいので、最も値段の高い最前列を選んでいます。

今回は、値段としては3番目となります2列目が、最前列とどう違うのかを体験してみようと考えました。

 

2列目の座席指定料金は700円となります。

ちなみに、最前列の座席指定料金は1,000円です。

 

搭乗日は11月12日で、予約日が9月29日ですので、1ヶ月以上前の予約ですが、全然空席だらけですよね。

当然この後もっと座席が埋まってくるとは思いました。

でも、反対側の「2A」~「2C」が全て空いていますし、4列目は全く予約されていません。

ですので、「2E」には指定が入らないと予想していましたね。

 

そして、搭乗前日の座席指定状況が下の画像です。

 

搭乗前日では、隣の「2E」と「2F」が埋まっています。

予想外なのは、4列目が相変わらず全て空席にもかかわらず、隣が既に埋まっている「2E」と「2F」を選択されている方がいらっしゃることです。

さらに、真ん中の「2E」を指定するのは、「2F」とのペアでの指定と思われます。

この方(方達)も、ある程度早め(僕よりも後ですが)に座席指定され、できるだけ前列(早く降機できる)の席の窓側を選択されたのでしょう。

 

隣がペアの可能性が高いとなりますと、ペアだけの空間になる可能性が大です。

お若いカップルにいちゃいちゃされる(まだ確定しているわけではありませんけど)のは、たとえセントレアから新千歳までの短時間と言えど居心地が悪そうです。

 

ここは座席を変更してみましょう。

それなら隣が前日でも空席の席に変更してみます。

 

同一価格帯の席は、2列目~5列目です。

窓側席あるいは通路側席で隣が空席なのは、「4A」「4C」「4D」「4F」「5C」「5F」です。

「5C」と「5F」は、既に「5A」と「5D」が埋まっています。

「5A」と「5D」は一人客が確定ですね。

もし、「5C」か「5F」を指定しますと、間の「5B」や「5E」が埋まる可能性は低いと思われます。

狙い目ではありますね。

 

でも今回はさらにチャレンジしてみました。

 

僕が事前予約した席は「ホットシート」という席で、予約と同時に座席指定が可能です。

搭乗の前日、それも既に夜でして、この後、同じ価格帯のホットシートが購入される可能性が低い、さらに座席の移動の可能性も少ないと判断し、どうせなら丸々隣2席が空いている4列目に変更してみます。

 

窓側の「4A」「4F」、あるいは通路側の「4C」「4D」の何れかに変更します。

この後だれも隣に来ないという前提での変更ですので眺めの良い窓側にします。

 

では「4A」とするか「4F」とするか?

 

ここからは離陸までと離陸直後の眺めをイメージします。

 

セントレアの離陸は南から北への場合と、その逆の場合に分かれます。

離陸直前では、メイン滑走路手前で順番待ちを行いますし、その前にはメイン滑走路の隣をゆっくり進みます。

その時に、機内から着陸する機体や離陸する機体の撮影ができます。

今回は秋の風向きから南から北への離陸と考え、右側の窓から離陸する機体やセントレアのターミナルの撮影を想定し、「4F」に変更します。

 

 

スポンサーリンク

変更に必要な金額

で、搭乗前日の座席の変更は、同じ価格帯同士でも50円が必要でした。

必要でしたなんて大げさに言いましたが、50円をどう考えるかですね。

いつも利用しているANAでしたら同一クラスのシートでしたら無料です。

この点、LCCのエアアジアはきっちり変更手数料?を取ってきます。シビアですね。

 

ちなみに最前列(事前座席指定1,000円)への変更がいくらかと言いますと、400円でした。

このように、WEB画面上で座席を選択しますと、変更に必要な金額が表示されます。

 

支払い

「4F」に変更し、『完了』をクリックします。

 

座席番号が「4F」に変更され、50円の支払いに進みます。

 

支払いするクレジットカードを選択し、CVV番号(セキュリティコード)を入力し、『変更を確認&支払う』ボタンをクリックします。

 

エアアジア支払い手続きのおまじない(上の画像)を行いますと、クレジットカードのEメールアドレス宛に認証コードが送信されます。

 

認証コードを入力し『続ける』をクリックします。

 

これで支払いが完了です。

『チェックインを完了する』をクリックしますとチェックイン完了です。

 

搭乗券を印刷しましょう。

 

スポンサーリンク

搭乗での結果

で、実際搭乗した結果をご報告します。

 

まずは座席「4F」から反対側に向かって撮影した画像です。

優先搭乗で早く搭乗して、他の方が着席される前に撮影しました。

シートのヘッドレストが赤色のシートがホットシートです。

 

期待通り、僕が変更した座席「4F」の隣「4E」も、さらに通路側の「4D」も空席のままでした。

予想が当たり嬉しかったですよ。

 

ただ、予想外というか少し驚いたのが、反対側の「4B」と「4C」にご高齢のご夫婦が座られました。

窓際の「4A」は空席のままです。

ご高齢で、CAさんと頻繁にやり取りされていて、あまり飛行機に慣れてはいないご様子でした。

ですので、窓側でなく通路側を優先されたのでしょう。

 

後は、僕の後ろの「5F」も埋まりました。

前日夜以降に、追加購入なのか座席変更なのかまでは不明です。

 

また、ホットシート(予約時座席指定可能)でなく、スタンダードシートの6列目~11列目までは、前日の夜の座席指定状況はほとんど埋まっていませんでしたが、実際搭乗しますと大半は埋まっていました。

 

まとめ

如何ですか。

エアアジアでも簡単に座席変更ができます。

ただ、ANAなどと違い、座席変更の料金(手数料?)がかかります。

 

とは言っても同一価格のシートでしたら50円でした。

狭い思いをしない快適な空の旅が50円で可能となります。

 

皆さんも、座席指定を早めに済ませたと安心せずに、前日にもう一度座席状況を確認してみてください。

ひょっとしたら、横1列全てご自分のものみたいな快適な状況になるかもしれませんよ!