微笑みの国タイに行ってきました。

 

今回のタイへの渡航では、モバイルWiFiを借りるのでなく、プリペイド式SIMを利用しました。

プリペイド式SIMは渡航前に、amazonで購入しています。

 

タイ国内で1週間以内の滞在でしたら、渡航前にamazonで現地プリペイドSIMを購入するのが一番お得ですね。

自分のスマホをそのまま利用しますので、余分な機器を持つ必要もなく、大変便利です。

 

スポンサーリンク

タイでデータ通信するには

タイでデータ通信する方法としては以下が考えられます。

① 日本でご利用のキャリア(docomo、au、Softbank)の国際ローミングを利用する。
② モバイルルータを利用する。
③ 現地プリペイドSIMを利用する。
④ ホテルのWiFiと街中のWiFiスポットを利用する。

旅行など短期間での滞在でしたら、上の①~④程度です。

長期滞在なら、いっそ現地通信会社と契約なんてのも考えられますが。

 

簡単なのは、①国際ローミング、②モバイルルータ、④WiFiスポットですが、①国際ローミングは滞在日数に比例して高額となります。

④WiFiスポットは、常時どこでも利用できるのでなく地域限定となります。

②モバイルルータは、レンタル申し込みをする必要がありますが、①国際ローミングに比べ安価なため、これまでの主流でした。

ただ、モバイルルータと充電器を余分に持って行く必要があるので荷物が増えます。

日本とタイとの移動中はカバンに仕舞えば済みますが、街中ではルータを持って行くことが少々面倒ですね。

 

で、最近は③の現地プリペイドSIMの利用が増えてきています。

現地SIMを利用するためには、SIMフリー端末が必要です。

このSIMフリー化がレガシーキャリアのdocomo、au、Softbankでも可能となってから、現地プリペイドSIMの利用が増えたと言えます。

 

スポンサーリンク

現地プリペイドSIM利用の特長

現地プリペイドSIMのメリットとデメリットは以下です。

メリット
自分のスマホのみで通信可能。余分な機器が不要。
日本キャリアの国際ローミングよりも安価。
通信範囲内ならいつでもどこでも利用できる。
デメリット
日本で利用のSIMと交換し、現地SIMが利用できるように設定する必要がある。また帰国で国内SIMに戻す必要がある。
国内用SIMを無くす可能性がある。

 

スポンサーリンク

価格比較

価格につきましては地域や期間で千差万別です。

 

比較条件

今回は次の条件下で比較します。

タイ1カ国での利用
海外旅行を想定し現地4日間での利用
通話はLINE無料通話を利用(10分×6回/日程度)

タイに海外旅行へ行く想定としました。

通話も、同行者や日本の家族ぐらいと考えました。

 

4日間でのLINE無料通話のパケット消費量

LINE無料通話ですが、6回はWiFi環境以外での利用回数とします。

無料通話と言っても、通話料が無料ですが、通信料は発生します。

というのも、LINEは携帯電話通信でなく、WiFiデータ通信を利用します。

WiFi環境でしたらWiFiデータ通信料は無料ですが、LTE/4G/3Gなどのモバイル通信環境でWiFiサービスを利用しますとデータ通信パケットが発生します。

そして、ご契約の高速データ通信容量を消費します。

 

では、LINE無料通信で、どれぐらい通信パケットが発生するのか見てみます。

LINE無料通話での通信パケット量
1分=0.3Mbyte
10分×6回×4日=240分=72Mbyte

LINE無料通話でしたら、通信パケット量を余り気にする必要はありませんね。

 

国内キャリアの国際ローミング

docomoやauなどでは、海外定額プランがあります。

基本料金は1日980円です。

4日間なら、単純計算では3,920円ですね。

ただ、それぞれ割引きがあります。

また、Softbankの料金は少し違っています。

 

docomo、au、Softbankの公式ページのリンクを貼っておきます。

 

au公式ページでの説明です。

 

auSTAR(無料)に加入しますと、最初の24時間分(つまり980円分)が無料となります。

それを適用しますと、4日間で2,940円となります。

 

使用した通信データ量は、国内でご契約のデータ通信量から差し引かれます。

 

尚、音声通話での料金は下となります。

音声通話およびSMS発信は非常に高額です。

 

以上、国際ローミング利用での総額は以下です。

au国際ローミングでの費用:2,940円

 

モバイルルータ

国内スマホを海外で利用する場合、現地携帯会社通信に対応したモバイルルータを利用する方法があります。

テレビコマーシャルで有名な『イモトのWiFi』も、このモバイルルータです。

 

イモトのWiFiのコマーシャルでは、680円/日と安さをアピールしていますが、盗難保険などを含めますとまぁまぁ高額となります。

 

4日間、500Mbyte/日のプランに盗難保険有り、割引込みで総額が6,456円です。

 

では、もっと安いモバイルルータは無いのかネットで検索しますと、『Wi-Ho』が安価なようでした。

同じ条件で見積もりしました画像が以下です。

 

割引込み込みでの総額は、2,064円でした。

まぁ、選択肢となりそうな金額ですね。

 

価格.comで10社比較しています。

 

モバイルルータ Wi-Hoでの費用:2,064円

 

現地プリペイドSIM

お待たせしました。

今回お奨めのプリペイドSIMの金額です。

 

プリペイドSIMもご利用条件で多数の種類があります。

今回は、タイ1カ国で4日間という条件です。

この条件では、圧倒的に『AIS』のプリペイドSIMを、日本国内でamazonから購入するのがお得です。

その購入価格は、なんと440円です。

 

価格は時期により多少は変動します。

僕が購入したときは430円でした。

 

amazonの商品タイトルでは、データ通信無制限と記載していますが、8日間合計3Gbyteまでは高速通信が可能で、3Gbyteを超えますと速度制限がかかります。

ただ、8日間で3Gbyteなんて動画閲覧やゲームをしなければ全然超えない容量です。

今回は4日間ですので、3Gbyte÷4日=750Mbyte/日です。

先程のモバイルルータの金額は、500Mbyte/日で見積もりしました。

 

では、今回お奨めのAISのSIMの利用条件を列記します。

タイ国内のみ利用可能
最大8日間の利用 (7日間は、amazonのタイトル表記ミスと思われます)
データ通信は3Gbyteまで高速
100バーツ分の無料通話付き(タイ国内なら100分程度)

 

いかがですか。

たった、430円程度で、不便無くデータ通信ができます。

 

100分の無料通話も地味にありがたいですよ。

というのも、ホテルやGrabタクシーと、到着時間や場所の確認などで通話する場合に利用できます。

AIS amazon購入での費用:430円~450円

尚、AISはタイ・バンコクの空港や、バンコク市内でも購入が可能です。

その場合は299バーツです。

為替レートが変動しますが、2019年7月での為替レートでは、1バーツ≒3.5円ですので、299バーツは1,000円程度です。

日本国内のamazonで事前購入する方が断然お得です。

タイでの購入金額:タイ国内で購入すると299バーツ ≒ 日本円で1,000円程度

 

ホテルや街中のWiFiを利用

最近ではWiFi環境が整備されたホテルが増えています。

また、街中にもいろいろなWiFiスポットが出来てきました。

 

ホテルでのWiFi利用は、滞在プランなどにより無料の場合と有料の場合があります。

渡航前にご自分のプランをご確認ください。

 

街中のWiFiスポットはだいたい無料ですね。

しかし、街中のWiFiは安全性が不明です。

ご自分のスマホ内のデータが盗まれない保障はありません。

一流ホテルでしたら、何らかの安全性は確保されていると思います。

そうでないとホテルの悪評が広まり、宿泊客離れになります。

街中のWiFiスポットは、無料な場合が大半であるが、利用場所が限定されるし、安全性に疑問

 

この方法は、利便性の点から、ホテル内のみでの利用と考えます。

 

では、4通りの通信手段の価格比較の結果です。

① 国際ローミング:auでの費用       2,940円
② モバイルルータ:Wi-Hoでの費用 2,064円
③ プリペイドSIM:amazonでAIS購入 430円
④ WiFiスポット:安全性疑問、ホテルのみでの限定利用

 

プリペイドSIMをamazonで購入

ここからは、実際僕がamazonで購入したときの状況です。

 

購入は、6月23日です。

通常配送でしたので、実際届いたのは6月27日でした。

 

amazonからは下の画像の封筒で送られてきます。

本人以外でも受け取りできます。

 

封筒の中には、SIMと、説明書と、amazonが作成した設定手順書が入っています。

 

amazonでの販売ページのリンクを貼っておきます。

 

スポンサーリンク

AISのプリペイドSIMの設定

AISに限らず、プリペイドSIMを利用するには、SIMフリー化(SIMロック解除)した端末が必要です。

これが大前提です。

最近のスマホは、docomoもauもSoftbankも、契約から101日以降でSIMロック解除できますので、プリペイドSIMの利用が増えると思います。

大前提
プリペイドSIMが利用できるのは、SIMロック解除した端末。

 

SIMの交換

タイに到着しましたら、日本国内で利用しているSIMを端末本体から抜きます。

注意!
SIMの取り外しは必ず端末の電源をオフして行うこと

SIMは端末本体の内部に入っていますが、SIMトレイに乗っています。

SIMを端末本体から取り外すには、SIMカードリリースピンをSIMトレイの穴に差し込んで、SIMトレイを本体から抜き出します。

注意!
取り外したSIMを無くさないように。
日本に戻りましたら、元のSIMに戻します。

SIMカードリリースピンが無ければ、先が細い物、たとえばクリップを伸ばした物で代用ができる場合があります。

 

「できる”場合”がある」なんて表現しましたのには理由があります。

僕のiPhoneではSIMトレイが非常に固く、クリップでは全然抜き出せませんでした。

何度行ってもクリップが曲がるだけでした。

 

ですので、SIMトレイが抜き出せるのか日本国内で事前に試してみてください。

 

タイに着いてからSIMトレイが抜けない場合

もし、タイに着いてからSIMが抜けない場合(実際僕がそうでした)、空港のAISカウンターに行きましょう。

そして、amazonで購入したAISのプリペイドSIMと端末を見せ、「ヘルプミー。プリーズ SIM プルアウト」って言いましょう。

微笑みの国のスタッフが、笑顔でSIM交換してくれますよ。

そして、こちらも満面の笑みで『サンキュウ ベリーマッチ』って言いましょう。

 

バンコク・スワンナプーム空港のAISカウンターは、2階の到着フロアーにあります。

入国審査・税関後、到着出口より規制区域外に出ます。

 

出口⑥と⑦の間に、携帯電話関係のカウンターが並んでいます。

そこにAISカウンターがあります。

 

Android端末での設定

amazonの設定資料です。

Android端末では、APN(アクセスポイントネーム)を手動設定する必要があります。

 

iPhoneでの設定

iPhoneの場合、APN設定は自動で行われます。

もし自動で設定されない場合は、説明書に従い手動設定してください。

説明書にも記載されていますが、格安SIMなどを国内でご利用の場合、国内のAPNが残ったままですと通信ができなく自動設定されません。

APN設定を削除してからプリペイドSIMと交換してください。

docomoやauやSoftbankの場合、そもそもAPN設定が不要ですので、残っていることはありません。

 

どうしても設定できない場合

何らかの理由で、ご自分で設定できない場合、空港のAISカウンターに行きましょう。

そして、「ヘルプミー プリーズ セッティング」って言いましょう。

微笑みの国のスタッフが、笑顔で設定してくれますよ。

設定してもらいましたら、こちらも満面の笑みで『サンキュウ ベリーマッチ』って言いましょう。

 

AISアプリ『my AIS』

AISでは『my AIS』という名称のアプリがあります。

 

アプリで、携帯電話番号を入力すると、その番号での利用状況がアプリ上で確認できます

必ず必要というアプリではありませんが、出発前にダウンロードしておくことをお奨めします。

App Storeからダウンロード

Google Play で手に入れよう

ダウンロードしましたら、後は現地タイでの操作・利用となります。

 

現地タイで、AISのプリペイドSIMに交換後、my AISアプリを起動させます。

 

現地タイ後で表示されましたら、画面内のENマーク(○の中にEN)部分をクリックして、英語表記に変更します。

 

「Mobile Number / Internet Number」入力窓に、現地プリペイドSIMの電話番号を入力します。

現地プリペイドSIMの電話番号は、パッケージのシールに『Phone No. ***********』と記載されています。

 

amazon作成の説明書にも、その旨記載されています。

 

電話番号を入力しましたら、「OK」ボタンをクリックします。

すぐに、OTP(ワンタイムパスワード)がスマホのSMSに送られてきます。

そのOTP番号を入力し、「OK」ボタンをクリックします。

 

これでアプリでログインできますので、高速通信データ残量などが確認できます。

 

スポンサーリンク

まとめ

SIMフリー化(SIMロック解除)がレガシー携帯キャリアでも可能となり、プリペイドSIMが利用しやすくなっています。

モバイルルータとは違い、スマホ以外に持って行く物がありません。

そしてお安い。

ですので、プリペイドSIMを利用しない手はありません。

 

amazonでしたら、国内で事前に購入もできます。

事前購入の方が安価ですし、空港到着での時短にもなります。

 

始めは上手く設定できないのではと不安かもしれません。

行ってみれば案外簡単です。

どうしても設定できなければ、微笑みの国の親切に縋りましょう。

 

 

ホテルや航空券を個人で手配するのに役立つアプリ

お安くしたいのは携帯料金だけでは無いですよね。

あなたがもしご自分でホテルや航空券の手配をお考えでしたら、出来る限りお値打ちにしたいと思われますよね。

「atta」なら、そのお手伝いができます。

「atta」とは
・無料でご利用できるホテル・航空券検索アプリ
・AI学習機能を用いて値下がり予測する。
・値下がりのお知らせ機能がある。

現在の最安値の検索は当然ですが、今後値下がりするかどうか、その確立はどれぐらいなのかを予測してくれます。

値下がりの確立が高ければ、手配を少し待つことができますよね。

そして、値下がりましたらアラート機能により「atta」が知らせてくれますので、予約忘れや売り切れを防ぐこともできます。

上の動画で「atta」の特徴が説明されていますのでご覧ください。

 

「atta」は無料です!

今すぐダウンロードする