2020年3月29日(日)~2020年10月24日(土)の割引運賃での予約が始まりました。

 

2020年のSFC修行を考えられている方は、既に割引運賃での予約を開始していると思います。

まだ予約されていない方、プレミアムポイント50,000ポイントまで予約完了していない方は、この記事をご参考にされ、2020年4月~6月の計画をお建てください。

2020年4月~6月の国内線割引運賃から、PP単価を見てみますと、やはり那覇便で安価な便が多数ありました。

 

スポンサーリンク

空港別PP単価

以下の国内線の14空港に絞っています。

・札幌(千歳)
・仙台
・東京(成田)
・東京(羽田)
・名古屋(中部)
・大阪(伊丹)
・大阪(関西)
・広島
・福岡
・熊本
・鹿児島
・沖縄(那覇)
・宮古
・石垣

 

それでは、14空港別に、PP単価の傾向を見てみます。

尚、座席は、普通席とプレミアムクラス席の両方です。

便は直行便のみです。

乗り継ぎ便は除外しています。

セール価格は除外しています。

また、株主優待割引や障害者割引など特定者用運賃も除外しています。

 

 

表中、往路は、その空港から他の13空港へ向かう便となります。

復路は、他の13空港から戻る便となります。

往復は、その空港から他の13空港への日帰り往復でのPP単価となります。

ANAホームページでの国内線予約画面から最近抽出したものですが、残り座席数は時々刻々変化しますので、必ずANAホームページをご確認ください。

 

 

国内線はOKAタッチが相変わらず基本

上の出発空港別のPP単価別便数表をご覧いただければ、千歳と羽田と那覇の便数が圧倒的に多いのが判りますね。

では、千歳や羽田や那覇からどこへ行く便なのかを見てみましょう。

 

羽田空港発着

下の表は、羽田から到着空港別の便数です。

表の上段は1ヶ月間の便数で、下段は土日祝のみの便数です。

 

表を見れば一目瞭然で、羽田-那覇がほとんど全てです。

ポツンポツンと、千歳、宮古、石垣なども散在します。

 

那覇空港発着

では、反対の那覇から見てどうでしょうか?

 

那覇から見ますと、羽田便がやはり多いのですが、成田、名古屋(セントレア)、伊丹、関空、福岡もそこそこ有りますね。

 

新千歳空港発着

では、新千歳はどこの空港が多いのでしょうか?

新千歳からは名古屋(セントレア)と関空が多いですね。

 

では、成田、名古屋、伊丹、関空の表を確認してみます。

 

成田空港発着

成田から那覇のみです。

 

セントレア発着

セントレアからもやはり那覇が多いのですが、札幌(新千歳)も有ります。

5月でしたら石垣や宮古も少しですが有ります。

 

伊丹空港発着

伊丹は那覇と、新千歳が少しです。

 

関西空港発着

関空からは那覇以外に、新千歳や宮古や石垣も有ります。

 

では、それ以外の空港について、表を掲載します。

尚、熊本空港と鹿児島空港はPP単価9円以下が全く残っていませんので割愛します。

また、仙台空港6月分もPP単価9円以下が全く残っていませんので割愛します。

 

仙台空港

 

広島空港発着

 

福岡空港発着

 

宮古空港発着

 

石垣空港発着

 

スポンサーリンク

具体的な便

各空港別に、PP単価がお安い便が何便残っているかをご紹介しました。

それでは、実際どの便なのかを紹介したいと思いますが、これは表が大きくなり、この記事に直接掲載できません。

エクセル表をダウンロードする方式とします。

注意!
ダウンロードによる不具合などにつきましては一切責任を負いません。
全てご自信の責任で行ってください。

 

ダウンロードボタンをクリックしますと、zip形式の圧縮ファイルがダウンロードできます。

zipファイルを解凍しますと、エクセルファイルが入っています。

 

そのエクセルファイル内のシートで、具体的な便はシート「往路9」~シート「往復6」となります。

シート「往路9」とは、基点空港からの往路便で、PP単価9円台の表です。

シート「往復6」とは、基点空港からの日帰りでの往復便で、往復でのPP単価6円台以下の表です。

尚、日帰りの往復便選定条件として、復路便への乗換時間を45分以上としています。

 

各シートのデータは日付順で、且つ出発時刻順です。

データが赤文字は、土日祝です。

 

ダウンロードファイルの説明は以上です。

それでは、実際のダウンロードは、下のダウンロードボタンから行ってください。

ダウンロードファイルには14空港全てのエクセルファイルが入っています。

 

 

まとめ

2020年の4月~6月もまだまだPP単価がお安い便が多数有ります。

例年通り、羽田発着、那覇発着が多い状況です。

 

ところで、先日、ANAから「ANA VALUE」「ANA SUPER VALUE」の販売開始が355日前と発表されました。

具体的には、2020年3月29日以降のスーパーバリュー75やスーパーバリュー55が、2020年2月7日から販売開始となります。

(「ANA VALUE PREMIUM」「「ANA SUPER VALUE PREMIUM」は従来通り、運行期間毎の8月下旬、1月下旬)

ANA VALUE・ANA SUPER VALUEが355日前から予約可能に!

 

ただ、10月24日までの便は既に販売されています。

この記事をご参考に、よりお安くSFC修行されることを願います。