ポイントサイトの定番『ハピタス』。

今回は、ハピタスで貯まったポイントを現金に交換する手順を図解入りでご説明します。

 

スポンサーリンク

ハピタスのポイントについて

ハピタスの1ポイントは1円です。

大変判りやすいですね。

ポイントの有効期限は有りません

これも大変ありがたい点です。

但し、12ヶ月間ログインしませんと、アカウント自体が失効してしまいます。

アカウントが失効すればポイントも使えなくなります。

1ポイント=1円
有効期限無し
但し、12か月間ログインしないとアカウントが失効
ハピタスポイント

 

スポンサーリンク

現金への交換について

現金へ交換するときのポイント数や日数などについてご説明します。

 

ポイント数

まずは現金に交換するときの必要ポイント数です。

最低交換ポイント:300ポイント
交換単位ポイント:100ポイント
交換手数料:0ポイント
現金化

ハピタスでは現金へ交換する場合、交換手数料が0ポイント、つまり無料です。

他のポイントサイトがいくらかの手数料が必要なのに対し、無料なのはほんと嬉しい点ですよ。

 

現金への交換日数

ハピタスでは現金に限らず、ポイント交換に対する日数が図で判りやすく説明されています。

交換申請の翌日より3営業日以内

営業日は、土日祝日を除く、月曜~金曜です。

 

交換先金融機関

現金への交換先ですが、ゆうちょ銀行や都市銀行、地方銀行、信用金庫、ネット銀行などほとんどの金融機関へ交換ができます。

代表的な金融機関を列記します。

ゆうちょ銀行
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行

 

現金への交換手順

それでは、具体的な交換手順をご説明します。

 

ハピタスにウェブサイトにログインしてください。

画面左上の『ポイント交換』をクリックします。

 

ポイント交換画面に変わります。

左サイドメニュー「ポイント交換先」の一番下に、『各種銀行/信用金庫/ゆうちょ銀行』が有りますのでクリックします。

「現金に交換」画面になります。

 

ここに交換に必要なポイントや交換日数、注意事項が記載されています。

『交換申込み』ボタンをクリックします。

 

「秘密の質問」に回答してくださいと表示されますので、ご自分で設定した回答を入力し、『回答する』ボタンをクリックします。

 

銀行名検索フォームが表示されます。

 

「よく利用されている銀行」枠に有れば、そこの該当銀行のボタンをクリックします。

そこに無ければ、50音順検索から銀行を検索します。

 

試しに、「あ」で検索してみますと、下のような銀行名が「あ」で始まる金融機関が並びます。

 

銀行を選択しますと、今度は支店名の検索です。

 

支店名の先頭文字のボタンをクリックします。

例えば、住信SBIネット銀行のイチゴ支店でしたら、「い」ボタンをクリックします。

住信SBIネット銀行の「い」で始まる支店が表示されます。

 

住信SBIネット銀行の「い」で始まる支店は1店のみですね。

『選択」 ボタンをクリックします。

 

口座番号や交換額の入力フォームが表示されますので入力します。

 

「交換額」はプルダウンメニュー方式です。

交換するポイント部分をクリックします。

 

申請内容の確認画面となります。

 

交換先や交換額が間違いないかを確認され、パスワードを入力し、『交換する』ボタンをクリックします。

 

交換申請完了画面に変わります。

 

この画面に交換までの必要な日数が具体的に表示されます。

 

これで交換の申請は完了です。

 

ポイント交換受付が完了しますと、メッセージ画面にポイント交換受付が追加されます。

 

また、ポイント交換受付メールも届きます。

 

さらに、ポイント通帳に記載されます。

 

後は、交換先の金融機関の口座に入金されるのを待ちましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回、FX案件で積算されました12,000ポイントを住信SBIネット銀行へ交換してみました。

交換の申請は、3月1日(日)です。

交換申請が受理され、銀行口座へは3月4日(水)に振り込まれました。

営業日数としては3日でした。

ハピタスのメッセージにも、ポイント交換完了が記載されます。

 

そして、始めにもご紹介しましと通り手数料は全く無しでした。

現金への交換よりは、マイルへの交換の方がポイント価値が高くなると言われていますが、ハピタスでしたら現金化も有りですね。