ANAから発表された新型コロナウイルス特別対応『プレミアムポイント2倍』ですが、そもそもウイルス自体が全然対策される状況ではありません.

が、もし対策されたら・沈静化したら、大変うれしい状況となります。

6月なら、スーパーバリュー75も55もまだまだ残っていますので、50,000プレミアムポイントが日帰り6日間、運賃合計18万円以下で達成できますよ。

 

スポンサーリンク

ANAの特別対応内容

今回の特別対応の内容について確認します。

ANAグループ運航便の搭乗で獲得されたプレミアムポイント数を2倍に倍率アップして積算されます。

対象期間
2020年1月1日(水)から2020年6月30日(火)ご搭乗分まで
2020年1月1日(水)以降、すでに搭乗した分についても2倍で積算となります。
マイル口座に自動積算されるので、ご自身で申請する必要はありません。
 
対象路線
ANAおよびANAグループ運航の国内線・国際線全路線
 
対象運賃
マイル積算可能な国内線全運賃・国際線全予約クラス
 
対象者
対象期間中に搭乗したすべてのANAマイレージクラブ会員
 
積算時期
通常積算されるプレミアムポイント数を月ごとに集計し、それと同じプレミアムポイント数を翌月末に積算されます。

特別倍率分のプレミアムポイント積算時期
2020年1月1日(水)から3月31日(火)までのご搭乗分:2020年4月下旬
2020年4月1日(水)から4月30日(木)までのご搭乗分:2020年5月下旬
2020年5月1日(金)から5月31日(日)までのご搭乗分:2020年6月下旬
2020年6月1日(月)から6月30日(火)までのご搭乗分:2020年7月下旬

通常のプレミアムポイント積算日はフライトマイル積算日と同日になります。
フライトマイルを事後登録された場合、搭乗日の翌月15日頃までの登録完了分を記載の日程で積算となります。
搭乗日の翌月16日頃から2020年7月31日(金)までの登録完了分については、2020年8月下旬に積算となります。

 

スポンサーリンク

国内日帰りプラン

6月の1ヶ月間で、如何にお安くプラチナ条件の50,000プレミアムポイントを達成できるか、各空港を基点としたプランです。

でも、プレミアムポイント2倍ですので、実質は25,000ポイントが目標ですね。

 

プランは国内線で、基点空港からどこかの空港へ行き、その日のうちに基点空港へ戻る日帰りを数日行う案です。

 

6月は30日有ります。

とは言っても、ご自宅から基点空港までの移動費用も馬鹿になりませんし、自由な日がたくさん有る訳でもありません。

できるだけ短い日数で25,000ポイントを目指します。

 

向かう空港

向かう空港は、できる限り遠い空港とし、1回の搭乗(1レグ)でたくさんのプレミアムポイントを獲得します。

となりますと、向う先は、北は札幌の新千歳空港、南は沖縄の那覇/宮古/石垣の3空港です。

北海道には旭川空港や函館空港など多数の空港が有りますが、1日の便数が少なく、またプレミアムポイントの単価が高く、SFC修行には利用できません。

逆に、鹿児島空港へはお安い路線がありますので少しですが含めています。

 

検討を進めましたら、宮古行きと石垣行きは運賃が高く、プレミアムポイント単価がお安くありませんでした。

結局、石垣と宮古はプランから外しています。

 

基点空港

基点とした空港は次の5空港です。

・羽田空港
・中部空港(セントレア)
・関西空港
・広島空港
・福岡空港

成田や伊丹は思いのほかお安い路線がありませんでしたので外しています。

 

1日4レグ

できる限り短い日数で低価格となりますと、単純な日帰りでなく、1日2往復(1日4レグ)を多用しています。

 

なんと言っても、羽田 ⇔ 那覇がプレミアムポイント単価としてお安く、また1回の搭乗でのプレミアムポイントもまぁまぁのポイント数なので、この路線が基本となります。

羽田空港以外の空港から、この羽田 ⇔ 那覇路線を活用するためには、基点空港から羽田へ行くか、那覇へ向かうことになります。

逆に最後は基点空港に戻る必要があります。

そうなりますと、1日に4回の搭乗が必要ですね。

1日4レグなんて、JALのJGCの搭乗回数修行みたいです。

 

ところで、SFC修行では基点空港と千歳と那覇の三角飛びも検討しますよね。

でも最近は三角飛びの単価が高く、お安く修行というのには向いていません。

今回のプラン案では、広島空港基点の1つのみ三角飛びを入れました。

 

プラン図

プランについては下のような図で示します。

1日分を1つの青枠で示します。

青枠の先頭に、搭乗日と、その1日でのPP合計、運賃合計、PP単価を表示しました。

青枠内の小枠が1回の搭乗(1レグ)になります。

上の図ですと小枠が4つ有りますので、1日4レグとなります。

1レグでの出発空港、到着空港、出発時刻、到着時刻、便名、運賃種別、PP数、運賃、PP単価は上の図の通りです。

小枠の間に、次の便までの乗継時間を表示しています。

乗継時間は国内空港ということで、最小45分としています。

那覇でしたら余裕と思いますが、羽田や関空は少々焦りますか?

 

それでは、それぞれの空港からのプランについてご紹介します。

 

羽田空港

まずは、羽田空港からのプランです。

 

4日間16レグプラン

プレミアムポイント合計:25,000ポイント
総額:187,460円
PP単価:7.50円
50,000ポイント換算でのPP単価:3.75円

では、具体的なプランです。

4日間全て4レグとハードなプランです。

特に朝6時台の出発時刻で、最終レグ到着が深夜です。

 

普通席のスーパーバリューがPP単価としてお安くなりますので、スーパーバリュー75や55の組み合わせとなります。

最終4日目の1レグ目のみプレミアムクラスのスーパーバリュープレミアム28を使い、目標の25,000ポイントを達成させました。

結果、4日間の総合計で25,000ポイント丁度となりました。

 

6日間18レグプラン

プレミアムポイント合計:25,418ポイント
総額:177,740円
PP単価:6.99円
50,000ポイント換算でのPP単価:3.55円

このプランが最もお安いものです。

始めの3日間が1日4レグ、残りの3日間が1日2レグのプランです。

1日4レグでは、最初のプランと同じで、早朝出発、深夜到着というハードスケジュールです。

1日2レグでは、運賃が安い午後出発、深夜到着です。

 

6日目以外は全てOKAタッチで面白みはありませんが、お値段優先ですと基本OKAタッチとなりますね。

乗換時間も2時間から2時間半程度ですので、観光するのは難しいです。

空港内を楽しむ、って言っても毎回ですのでちょっと飽きが来そうですが、お値段からここは我慢しましょう。

 

6日目はPポイント調整に那覇でなく鹿児島空港への往復を入れ、運賃を抑えました。

PP単価も9.26円とお安いとは言えませんがまずまずです。

 

5日間16レグ土日プラン

プレミアムポイント合計:25,000ポイント
総額:201,660円
PP単価:8.07円
50,000ポイント換算でのPP単価:4.03円

今度は土日のみで行うプランです。

6月の土曜・日曜は、全部で8日しかありません。

土日は総じて運賃が高めに設定されますのでお値段としては厳しくなります。

1日4レグが3日間、1日2レグが2日間です。

既にお値段としては高くなるスーパーバリュー28しか残っていない便もあります。

3日目の1レグ目は、25,000ポイント達成のためにプレミアムクラスのスーパーバリュープレミアム28を組み込みました。

このプランも全てOKAタッチです。

 

3日目の往路にプレミアムクラスを利用しますので、羽田空港国内線のANAラウンジが利用できます。

ラウンジは朝5時15分から利用可能ですが、出発が早朝の6時40分ですので現実としてはラウンジの利用は厳しいですね。

 

4日目のOKAタッチと、5日目の3レグ目と4レグ目の間に、那覇での乗換時間が3時間近く有ります。

3時間有れば、那覇市内へ出かけられます。

ちょうど夕飯の時間帯ですので、国際通りで沖縄めしを楽しんでください。

 

6日間18レグ土日プラン

プレミアムポイント合計:25,418ポイント
総額:194,940円
PP単価:7.67円
50,000ポイント換算でのPP単価:3.90円

土日のみで行うプランで、なんとか20万円以下を作ってみました。

1日4レグが3日間、1日2レグが3日間です。

お値段優先で全て普通席のスーパーバリューです。

このプランも6日目以外はOKAタッチです。

 

2日目の2レグ目と3レグ目の羽田での乗換時間が3時間以上有ります。

普通席ですのでANAラウンジは利用できません。

ANAの羽田第2ターミナルから、JALの羽田第1ターミナルまで歩いて行き、羽田空港を楽しむ時間はあります。

 

このプランの4日目のOKAタッチも、那覇での乗換時間が3時間近く有ります。

国際通りで夕飯を食べるも良し、ショッピングするも良しですね。

 

那覇空港

プランのご紹介ついでに、修行の基本であるOKAタッチ先の那覇空港について、ミニ情報を記載します。

 

『ゆいレール』

那覇空港から国際通りや首里城へは沖縄都市モノレール『ゆいレール』を利用すると便利です。

上の画像は、ゆいレール公式サイトから借用しました。

国際通りは、『牧志駅』で降りてください。

『那覇空港駅』からは16分で、運賃は大人300円です。

 

『空港食堂』

那覇空港では有名な『空港食堂』です。

『空港食堂』は那覇空港内1階の端にあります。

上の図は空港食堂公式のものです。

 

ANAは到着口Bから出ますので、到着口を出ましたら右に向かって歩きます。

JALなどが利用する到着口Aを通過しさらに奥へ進みます。

突き当たりに『空港食堂』があります。

 

食券方式です。

空港職員やCAさんなども利用しています。

ここのソーキそばは安くてほんと美味しいですよ。

那覇の昼食はここ『空港食堂』がお奨めです。

 

スポンサーリンク

中部空港(セントレア)

2つ目は東海三県の方のベースとなる中部国際空港(セントレア)からのプランです。

 

5日間18レグプラン

プレミアムポイント合計:25,147ポイント
総額:230,080円
PP単価:9.15円
50,000ポイント換算でのPP単価:4.56円

セントレアからのプランでは、スーパーバリュー75を多用しましても残念ですが20万円以下が出来ませんでした。

羽田 ⇔ 那覇の往復を活用し、何とか23万円程度に収めましたが、PP単価としては9.15円と、羽田に比べれば全然安く有りません。

これはセントレアだけでなく、関空など他の空港も同様です。

やはり、修行には1月・2月が本来なら向いていますね。

5日間の内、1日4レグが4日、残り1日が2レグです。

1日4レグでも羽田のような朝6時台の出発時刻ではなく(逆に6時台なんて便がそもそも有りません)、朝8時台ですので通常の出張感覚ですね。

最終レグのセントレア到着時刻も夜10時前ですので、帰宅にも問題無いと思います。

 

1日目の2レグ目のみプレミアムクラスのスーパーバリュープレミアム28を使い、目標の25,000ポイントを達成させました。

ただ、那覇での乗換時間が50分しかありません。

那覇空港はそんなに大きな空港ではありませんので、50分あれば乗換には十分な時間ですが、ANAのラウンジを楽しむ時間はありません。

那覇のANAラウンジは改築されたばかりですので、覗く程度にはなりますが入室してみてください。

 

4日間16レグプラン

プレミアムポイント合計:25,139ポイント
総額:238,060円
PP単価:9.47円
50,000ポイント換算でのPP単価:4.76円

今度は日数をなるべく少なくした4日間プランです。

4日間全て1日4レグで、さらにセントレア⇒那覇⇒羽田⇒那覇⇒セントレアのパターンです。

さらに、4日間全て同じ便となります。

お安い便は決まっていますので、毎回同じ便となるのは仕方がありません。

 

1日目と2日目と3日目の1レグ目がプレミアムクラスです。

プレミアムクラスでは、着席しますとCAさんが挨拶に来ます。

3日目にもなりますと、CAさんも気が付きますので『おやっ』って顔されると思いますが、CAさんも慣れたもので、直ぐににっこりしてくれますよ。

また、2レグ目移行でも、CAさんと顔見知りになりますので、SFC修行恒例(古いかな?)の『お帰りなさい』が聞かれるかもしれません。

まぁ、どの空港も1日4レグ、それも那覇路線ばかりですので、どのプランも似たり寄ったりです。

CAさんも修行僧には慣れていますのでご自分が思うほど気にする必要はありませんよ。

 

5日間18レグ土日プラン

プレミアムポイント合計:25,147ポイント
総額:240,680円
PP単価:9.57円
50,000ポイント換算でのPP単価:4.81円

今度は土日のみで行うプランです。

始めに紹介しましたプランの土日版です。

土日のアップ分が1万3千円程度です。

5日間の内、1日4レグが4日、残り1日が2レグです。

プレミアムクラスの利用が4日目となりましたが、単に空席の関係だけです。

このプランでも、那覇での乗換時間が50分しかありません。

那覇のANAラウンジを覗いてみてください。

 

6日間18レグ土日プラン

プレミアムポイント合計:25,051ポイント
総額:256,280円
PP単価:10.23円
50,000ポイント換算でのPP単価:5.13円

これまで全て那覇へのプランでしたが、セントレア ⇔ 新千歳もPP単価としてはまぁまぁお安い路線です。

ですので、新千歳路線を含めてみました。

1日4レグが3日間、1日2レグが3日間です。

始めの4日間は修行そのものです。

残りの2日間は、1日2レグで、さらに復路はプレミアムクラスを利用しています。

 

5日目のOKAタッチは、那覇での乗換時間が50分です。

那覇空港のANAラウンジもタッチ程度です。

 

最終6日目のCTSタッチ(言いませんか!)は、新千歳での乗換時間が6時間半も有ります。

ここはいろいろ楽しめそうです。

 

新千歳空港

新千歳空港は那覇空港と違い、札幌市内までは少し遠いです。

でも、JR北海道の『快速エアポート』特急を利用すれば札幌駅まで37分ですので、6時間も有れば市内観光も出来なくはありません。

 

札幌時計台や赤レンガの北海道旧庁舎は札幌駅から歩ける距離です。

 

でも、僕としてのお奨めは、新千歳空港を隅々まで楽しむ方ですね。

新千歳空港のANAラウンジは羽田空港以上に素敵なラウンジで、新千歳のANAラウンジを体験するためにプレミアムクラスを選んだって言えます。

 

また、新千歳空港は大変広いので、空港内でも十分楽しめます。

4階のオアシス・パークには、『新千歳空港温泉』が有りますので修行全体をお湯に浸かりながら振り返るのも良いですね。

 

さらに3階のグルメ・ワールドでは、海鮮やラーメンなど北海道グルメが堪能できますし、2階のショッピング・ワールドには滅茶苦茶たくさんのお土産屋さんが並んでいます。

 

関西空港

次は、関西空港からのプランです。

 

6日間20レグプラン

プレミアムポイント合計:25,104ポイント
総額:220,200円
PP単価:8.77円
50,000ポイント換算でのPP単価:4.40円

では、具体的なプランです。

1日4レグが4日間、1日2レグが2日間です。

 

関空もセントレアと同じで、出発は朝8時、到着は夜10時前と、羽田に比べれば楽です。

というか、羽田でも朝8時出発や夜10時前到着便はありますが、さらにお安い早朝便・深夜便が羽田だけは有るということです。

 

総額が22万円を超えていますが、羽田の次にお安いプランです。

 

6日間18レグ土日プラン

プレミアムポイント合計:25,278ポイント
総額:261,380円
PP単価:10.34円
50,000ポイント換算でのPP単価:5.23円

今度は関空出発の土日限定プランです。

1日4レグが3日間、1日2レグが3日間です。

土日のみですと、お高いプレミアムクラスが含まれてきました。

総額が26万円オーバーと急に高くなりました。

もっと早ければスーパーバリュー75のみでプランニングできたと思います。

 

プレミアムクラスを3回利用します。

関空で1回、那覇で2回で、往路の出発前、復路の乗継前にANAラウンジが楽しめます。

 

7日間20レグ土日プラン

プレミアムポイント合計:26,353ポイント
総額:273,200円
PP単価:10.37円
50,000ポイント換算でのPP単価:5.46円

関空でも新千歳を1便加えてみました。

1日4レグが3日間、1日2レグが4日間の計7日間と少々日数が必要なプランです。

総額も27万円超えです。

 

6日目の復路と、7日目の復路がプレミアムクラスです。

乗継時間も、那覇で3時間少々、新千歳で2時間少々有りますのでANAラウンジを楽しむ時間はあります。

 

スポンサーリンク

広島空港

次は、広島空港からのプランです。

 

7日間24レグプラン

プレミアムポイント合計:25,400ポイント
総額:252,580円
PP単価:9.94円
50,000ポイント換算でのPP単価:5.05円

広島空港発では25万円を越えてしまいました。

日数も7日間と多いです。

1日4レグが5日間、1日2レグが2日間です。

全て普通席で、もっともお安いスーパーバリュー75を多用しましたが25万円を下回れませんでした。

その理由は、広島からですと那覇行きよりも新千歳行きの方がPP単価が安い・・・って言うよりも那覇便がそれほど安くないってことです。

かと言って広島から羽田も高いので使えません。

ですので、広島→新千歳→セントレア→新千歳→広島や、セントレアの代わりに関空という路線を利用しています。

いずれにせよ、羽田 ⇔ 那覇が使えませんと高くなりますね。

 

7日間17レグ土日プラン

プレミアムポイント合計:25,480ポイント
総額:275,140円
PP単価:10.80円
50,000ポイント換算でのPP単価:5.50円

今度は広島発の土日プランです。

1日4レグが1日、1日2レグが5日間、そして初めて三角飛び(1日3レグ)が入りました。

そして7日間全てにプレミアムクラスを使っています。

ですので総額がご紹介したプランの中で最高額の275,140円となっています。

広島発の残席からそのようなプランしかできませんでした。

 

福岡空港

最後は、福岡空港からのプランです。

 

6日間22レグプラン

プレミアムポイント合計:25,357ポイント
総額:222,360円
PP単価:8.77円
50,000ポイント換算でのPP単価:4.45円

1日4レグが5日間、1日2レグが1日です。

4日目の復路にプレミアムクラスを入れ、25,000ポイントを達成させました。

乗り換え時間が2時間45分有りますので那覇のANAラウンジを満喫できます。

 

総額が222,360円と割と安価なプランが出来ました。

福岡→那覇、那覇→福岡が残っていましたので、王道の羽田 ⇔ 那覇が活用できたためです。

プラン図を見ていただければお判りですが、福岡から那覇よりも羽田から那覇の方がお安いんです。

PP単価も半額です。

 

5日間20レグ土日プラン

プレミアムポイント合計:25,621ポイント
総額:235,200円
PP単価:9.18円
50,000ポイント換算でのPP単価:4.70円

最後は福岡空港基点の土日プランです。

5日間全て1日4レグです。

そして5日間全て同じ便です。

一部プレミアムクラスを使っています。

 

セントレアでも記載しましたが、CAさんと仲良くなってください。

 

スポンサーリンク

まとめ

ご紹介しましたプランを一覧表にします。

 

判っていたことですが、羽田が圧倒的に安価ですね。

プレミアムポイント2倍ですと、ANAプラチナ条件の50,000ポイントが177,740円で到達します。

PP単価は、驚きの3.55円です。

 

土日のみのプランでも、羽田なら20万円以下で到達可能です。

そのPP単価は3.90円です。

 

羽田以外では、20万円以下のプランは出来ませんでした。

もっと早くプランニングしていれば、もっとも安価なスーパーバリュー75が駆使できましたので、もう少しはお安いプランができたかもしれません。

 

スーパーバリュー75と55の運賃差について、羽田から那覇の便で見てみます。

プランで多用しました羽田6:40発のANA993便の場合、スーパーバリュー75が15,810円で、スーパーバリュー55が17,510円です。

差額は1,700円です。

16レグにもなりますと、差額合計が10,200円になります。

ちょっと無視できない額ですね。

 

でもですよ。

プレミアムポイント2倍ですので、20万円を切れなかったなんて言えるのであって、ご紹介した中でもっとも高額の広島からの土日プランでも275,140円とありえないお安さです。

 

今後お目にかかれそうも無い『プレミアムポイント2倍』特典をなんとか活かしたいですね。

そのためには、新型ウイルスが奇跡的に沈静化するのを願いましょう。